HOME>最新情報>ニュースリリース>2017>各地域のブランド力トップは、北海道大学、東北大学、筑波大学、信州大学 「いま注目されている、旬である」大学に、公立はこだて未来大学、諏訪東京理科大学

ニュースリリース

各地域のブランド力トップは、北海道大学、東北大学、筑波大学、信州大学
「いま注目されている、旬である」大学に、公立はこだて未来大学、諏訪東京理科大学
日経BPコンサルティング調べ 「大学ブランド・イメージ調査 2017-2018」(2017年8月実施)【東日本編】

2017年11月29日

株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、11年目になる「大学ブランド・イメージ調査 (2017-2018)」の結果をまとめ、11月29日に調査報告書を発売した(調査実施は2017年8月)。全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ねた。なお、【東日本編】は、北海道、東北、北関東、甲信越の4地域を対象に、それぞれ独立して調査を実施している。
【東日本編(4地域:北海道13校、東北38校、北関東19校、甲信越22校)】の大学ブランド力TOPは、[北海道]北海道大学、[東北]東北大学、[北関東]筑波大学、[甲信越]信州大学となった。

調査結果のポイント

大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)
・[北海道]北海道大学、[東北]東北大学、[北関東]筑波大学、[甲信越]信州大学がトップ
・前回からの上昇率では、[北海道]北海学園大学、[東北]会津大学、[北関東]宇都宮大学、[甲信越]長岡技術科学大学
その大学特有の魅力として
・「いま注目されている、旬である」は、[北海道]公立はこだて未来大学、[甲信越]諏訪東京理科大学
・因子分析による新因子「地域貢献」では、[東北]福島大学、[北関東]茨城大学

調査結果データ

《大学ブランド力》 各地域トップは、北海道大学、東北大学、筑波大学、信州大学
北海道

北海道の13校における「大学ブランド力」第1位は、76.6ポイントを獲得した北海道大学(表1-1)。次いで、小樽商科大学(55.0ポイント)、北海道教育大学(51.9ポイント)と続く。上昇率第1位は北海学園大学で1.0ポイント伸ばした(表2)。

東北

東北地方の38校にける「大学ブランド力」第1位は、90.1ポイントを獲得した東北大学(表1-2)。次いで第2位は同率で東北福祉大学、山形大学(共に58.2ポイント)だった。上昇率第1位は会津大学で、3.7ポイント伸ばし、トップ10にランクインした(表2)。

北関東

北関東の19校における「大学ブランド力」第1位は、81.9ポイントを獲得した筑波大学(表1-3)。次いで、宇都宮大学(56.8ポイント)、群馬大学(54.3ポイント)と続く。上昇率第1位は宇都宮大学で、2.5ポイント伸ばした(表2)。

甲信越

甲信越の22校における「大学ブランド力」第1位は、75.3ポイントを獲得した信州大学(表1-4)。次いで、新潟大学(68.6ポイント)、長岡技術科学大学(60.6ポイント)と続く。上昇率第1位は長岡技術科学大学で、3.2ポイント伸ばした(表2)。

《大学イメージ》「いま注目されている、旬である」大学として、公立はこだて未来大学、諏訪東京理科大学

大学に関する49項目のイメージについて、それぞれの大学の得票率を見ると、各大学特有の魅力が見えてくる(表3-1~4)。東日本編の地域では、大学ブランド力第1位の大学が各イメージの第1位を獲得することが多く、北海道大学は34項目(同率1位含む)、東北大学は27項目、筑波大学は42項目(同率1位含む)、信州大学は13項目が第1位だった。「いま注目されている、旬である」では、北海道の公立はこだて未来大学、甲信越の諏訪東京理科大学が、大学ブランド力のトップ校を抑え、首位を獲得した。

公立はこだて未来大学では、人工知能やIT分野においてかねてより注目を集めている大学である。人工知能学会においては、教員・在学生の実績への評価を受け、卒業生の活躍など同校に関する教育・研究が高まっている。他のイメージ項目や自由意見からも、独自の教育・研究に対するポジティブな評価が見られることから、第1位を獲得したと考えられる。

諏訪東京理科大学では、2018年度(平成30年度)に公立化を予定しており、調査実施前の7月には文部科学大臣に設置者変更に関する書類を提出し(9月に長野県知事に認可申請書を提出)、公立化に向けての動きも進み、注目度が高まっていると考えられる。

《6因子分類》「地域貢献」のイメージが強い大学として、福島大学、茨城大学

49項目のイメージを因子分析(※1)によって、関連性の高いイメージ群を6つの因子にグループ分けした(表4-1~4)。「地域貢献(※2)」因子は、3項目のイメージで構成され、それらの上位を国公立大学が占めることが多い。東日本編4地域においても、上位3大学は国立大学が名を連ねた。このうち、東北編の福島大学、北関東の茨城大学は、大学ブランド力のトップを抑えて、「地域貢献」因子の第1位となった。

福島大学では、今回「地域産業に貢献している」「地域社会・文化に貢献している」で第1位を獲得した。これは、東北編の調査開始(2012年8月調査)以来、初の第1位である。同校は、教育、産業、行政など各界へ優秀な人材を輩出していたが、2011年3月の東日本大震災・原発事故以降、地域性やその学びをいかして「地域と共に歩む人材育成大学」として、教育・研究活動を積極的に進めている。自由意見からも「地域に根差している」「福島の置かれている状況に対応して地域と連携している」といった意見が見られ、着実な活動の積み重ねにより、活動の認知が高まり、今回の高評価につながったといえる。

茨城大学では、「親しみが持てる」「地域社会・文化に貢献している」で第1位を獲得した。同校は、平成26年度「地(知)の拠点事業(COC)」に採択されている。また、「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」より茨城県内の他大学・高専と連携し、地域志向の学生育成、地域課題の解決に向けた活動を進めている。茨城大学も自由意見に「地域密着」を評価する意見があがっており、教育・研究活動へ評価が得られているといえる。

(※1)因子分析・・・多変量解析の分析手法の一つ。調査などから得られた観測変数(この場合、調査結果)が、どのような潜在的な変数(因子)から影響を受けているか探り出す手法。
本調査においては、49項目のイメージに対して、関連の強い項目を束ね合わせ、グルーピングする目的に利用した。

(※2)6因子・・・49項目のイメージを因子分析によって、「一流」「躍動感」「創造力」「グローバル」「地域貢献」「上品・誠実」に分類し、それぞれを構成するイメージ項目の獲得割合をまとめ偏差値化した。本リリースで紹介した「地域貢献」を構成するのは、「親しみが持てる」「地域産業に貢献している」「地域社会・文化に貢献している」の3つのイメージ項目である。

本調査では、大学ブランドを算出する49項目以外にも、大学の「認知率」や、口コミなどに影響される「入学推薦率」「採用意向率」などロイヤルティに関わる結果を客観的評価にまとめている。大学ブランドの浸透度合いに合わせた戦略的なコミュニケーション活動に、ぜひお役立ていただきたい。

「大学ブランド・イメージ調査2017-2018」
【東日本編】【首都圏編】【北陸・東海編】【近畿編】【中国・四国編】【九州・沖縄・山口編】

全国の主要大学計455校(医科大学や体育大学、短期大学などは除外)の「大学ブランド力」算出を目的としたインターネット調査。
日経BPコンサルティングの提携先調査機関の調査モニターを中心に、同地域に居住し、仕事をしている方(ビジネスパーソン)や、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者に回答を依頼。「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や「コミュニケーション能力の高さ」など大学や学生へのブランド・イメージ49項目を測定。それらから大学ブランド力(偏差値)を算出してランキング化した。調査設計や分析にあたり、企業ブランドおよび製品/サービスブランドの調査で実績のある「ブランド・ジャパン」で培ったノウハウを活用。調査するイメージ項目を洗い出した。調査期間は2017年8月2日~8月31日、本リリースで結果を掲載したビジネスパーソンの有効回答数は、北海道521件、東北1,665件、北関東1,070件、甲信越1,098件。2017年11月29日に地域ごとの調査結果をリリース。
(本リリースのURL:(https://consult.nikkeibp.co.jp/info/news/2017/1129ubj_1/)

資料

表1-1 【北海道編】大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP5
クリックで拡大
表1-2 【東北編】大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP20
クリックで拡大
表1-3 【北関東編】大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP5
クリックで拡大
表1-4 【甲信越編】大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP5
クリックで拡大
表2 大学ブランド力上昇ランキング(ビジネスパーソンベース)1位
クリックで拡大
表3-1 【北海道編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(49項目:ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大
表3-2 【東北編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(49項目:ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大
表3-3 【北関東編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(49項目:ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大
表3-4 【甲信越編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(49項目:ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大
表4-1 【北海道編】6因子別ランキング(ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大
表4-2 【東北編】6因子別ランキング(ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大
表4-3 【北関東編】6因子別ランキング(ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大
表4-4 【甲信越編】6因子別ランキング(ビジネスパーソンベース)
クリックで拡大

ノミネート大学

[北海道編]

小樽商科大学、北見工業大学、北海道教育大学、北海道大学、室蘭工業大学、釧路公立大学、 公立はこだて未来大学、札幌市立大学、札幌学院大学、札幌大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道科学大学

[東北]

青森県

弘前大学、青森公立大学、青森大学、青森中央学院大学、東北女子大学、八戸学院大学、八戸工業大学、弘前学院大学

岩手県

岩手大学、岩手県立大学、富士大学、盛岡大学

宮城県

東北大学、宮城教育大学、宮城大学、石巻専修大学、尚絅学院大学、仙台白百合女子大学、東北学院大学、 東北工業大学、東北生活文化大学、東北福祉大学、東北文化学園大学、宮城学院女子大学

秋田県

秋田大学、秋田県立大学、国際教養大学、ノースアジア大学

山形県

山形大学、東北公益文科大学、東北文教大学

福島県

福島大学、会津大学、いわき明星大学、奥羽大学、郡山女子大学、東日本国際大学、福島学院大学

[北関東]

茨城県

茨城大学、筑波大学、茨城キリスト教大学、筑波学院大学、常磐大学、流通経済大学

栃木県

宇都宮大学、足利工業大学、宇都宮共和大学、作新学院大学、白鷗大学

群馬県

群馬大学、群馬県立女子大学、高崎経済大学、前橋工科大学、関東学園大学、共愛学園前橋国際大学、上武大学、 高崎商科大学

[甲信越]

新潟県

上越教育大学、長岡技術科学大学、新潟大学、新潟県立大学、 敬和学園大学、長岡大学、新潟医療福祉大学、新潟経営大学、新潟工科大学、新潟国際情報大学、新潟産業大学

山梨県

山梨大学、都留文科大学、山梨県立大学、身延山大学、山梨英和大学、山梨学院大学

長野県

信州大学、長野大学、諏訪東京理科大学、清泉女学院大学、松本大学

■日経BPコンサルティング

日経BP社全額出資の「調査・コンサルティング」、「企画・編集」、「制作」など、コンサルティング、コンテンツ関連のマーケティング・ソリューション提供企業。(2002年3月1日設立。資本金9000万円)

このリリース/報告書に関するお問い合わせ

株式会社 日経BPコンサルティング
ブランドコミュニケーション部 渡邉 真由美

〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12
Tel.03-6811-8308

https://consult.nikkeibp.co.jp/

お問い合わせ

HOME>最新情報>ニュースリリース>2017>各地域のブランド力トップは、北海道大学、東北大学、筑波大学、信州大学 「いま注目されている、旬である」大学に、公立はこだて未来大学、諏訪東京理科大学

PAGETOP