ブランドコミュニケーションの概要/
10のアウトプット

「ブランド」は企業に競争優位と高収益性をもたらす経営資源です。当社は「ブランドジャパン」をはじめとした各種ブランディングのノウハウで貴社のブランディングを戦略的に推進します。

ブランド・ジャパンとは

今年で19年目を数える日本最大のブランド価値評価調査。ブランド理論の第一人者らが開発した客観指標を使えば、貴社のブランドづくりの論点が明解になります。

企業ブランディングと発信力

アメリカと日本を代表するブランドマネージメントの研究者、デービッド・アーカー氏と阿久津聡氏。ブランド・エクイティの再定義からブランディングの新潮流までを語る特別対談。

ブランドづくり 5つのヒント

そもそも企業にとって、ブランドはなぜ重要なのか。ブランドづくりには、どう取り組むべきなのか。5人のブランド・ジャパン企画委員からそれぞれの提言です。

ブランド・ジャパンの使い方

ブランド戦略には、ブランド力と施策の効果を測る指標が必要不可欠です。その指標となるブランド・ジャパンの活用方法を、具体例を挙げながら解説します。

動画で知るブランド・ジャパン

「ブランド・ジャパンって何? どう使えばよくて、仕事にはどう役立つものなの?」。そんな入門者のみなさまのために、楽しく観てすんなりわかるスペシャル動画をお届けします。

ノミネートブランド検索

ブランド・ジャパン2018年版、2017年版にノミネートがあるか検索し、調査結果の一部をご覧いただけます。

ブランド・ジャパン総合力ランキング

毎年春に発行しているブランド・ジャパン。発行と同時に、ブランド総合力のトップランキング等、調査結果のポイントを分析コメントとともに発表しています。

ブランド・ジャパン前年結果お知らせキャンペーン

まずは無料で試したいという貴社へ、昨年の貴社ブランド個別分析シートを無料でお届けします。

データ活用シミュレーション

ブランド・ジャパン調査対象ブランド1,500のすべての結果を存分に活用しながら、御社ならではのブランド戦略を見つけに行きましょう。

ブランド価値評価調査

ブランド・ジャパン

企業、商品、サービス延べ1500ブランドを、5万人以上の消費者とビジネスパーソンが評価する日本最大のブランド価値評価調査です。過去に実践したマーケティングの成果の検証、今後の目標設定にも有用。調査結果データを活用して、ブランドづくりの支援を行います。

ブランド・アジア

アジア9地域における企業ブランド価値を、横断的に評価する調査です。対象は、各地域120ブランド(延べ1180ブランド)。アジアにおける自社ブランドの位置づけを客観的に把握します。

企業ネガティブ・イメージ調査

ブランド・ジャパン(BtoB編)の調査対象である500の企業ブランドについて、消費者がどのような「ネガティブ・イメージ/マイナス・イメージ」を抱いているかを測定します。回答者が、直接的にネガティブ表現を選択する独自の評価方式で、企業ブランドの“真の弱点”を洗い出します。

Webブランド調査

年2回、企業が運営する日本の主要サイトに対して、インターネット・ユーザー約3万2000人の評価をブランドの視点、サイト上での行動から調べる日本最大規模のWeb総合評価調査です。半年ごとに企業サイトのブランドカを測定するため、自社サイトのユーザー愛着度や競合サイトとの比較など、定期的、定量的にWebサイトの総合力を指標化できます。

従業員向けブランド調査

ブランド・ジャパンの調査測定システムをベースとして、従業員の方に対して自社の「ブランド評価調査」を実施します。ブランドコミュニケーションの視点を内側に向け、自社のビジョンが浸透しているか、愛着や魅力がある職場か、消費者から見たブランドイメージと従業員が抱くイメージの間にギャップはないかなど、従業員一人ひとりが考える自社ブランドについての客観的な指標を元に、インナーブランディングを推進できます。

大学ブランド・イメージ調査

学力偏差値に加えて、大学の評価指標として今注目されているのが「大学ブランド力」。主要大学のブランド力を、「首都圏」「近畿」「東日本」「北陸・東海」「中国・四国」「九州・沖縄・山口」の6つのエリアに分けて調査。各大学の強み、弱み、ライバル校との差異などを提供します。

大学ブランド力測定調査

自校が保有するブランド力を数値化し、ポジションを客観的に測定することで、受験を控えた高校生やその保護者、地域住民や、企業の採用担当者など多くのステークホルダーに対するコミュニケーション課題を明確にして、広報活動やWebサイトの最適化などブランドづくりのポイントを明らかにします。

[スマホ編]全国大学サイト・ユーザビリティ調査

若者と大学の接点、それはスマートフォンです!その小さな画面を通じて大学の情報は伝わっていますか?日経BPコンサルティングではこれまでの大学サイト診断のノウハウを基に独自の診断基準を作成しました。その視点は“ストレスのないサイトかどうか”です。調査員が146の大学サイトを、8つの評価軸に沿って診断し、結果をスコアとしてはじき出します。

リアル企業ブランド論

ブランドとはどうやって構築するもので、どうやって成長力を測るものなのでしょうか。本書では、2001年より日経BPコンサルティングが行ってきた日本最大のブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン」の調査データを活用しながら、企業にとってのブランド戦略のあり方を、分かりやすく解説しています。基本に戻ってブランド戦略を見直すには格好のテキストです。ぜひ手にとってご活用ください。

まずはご相談ください

日経BPグループの知見を備えたスペシャリストが
企業広報とマーケティングの課題を解決します。

お問い合わせはこちら