HOME>最新情報>ニュースリリース>2012>北関東編では筑波大学が、甲信越編では信州大学が、それぞれ「大学ブランド力」第1位。「広報活動に力を入れている」白鷗大学、「高い専門性を持つ」長岡技術科学大学

ニュースリリース

北関東編では筑波大学が、甲信越編では信州大学が、それぞれ「大学ブランド力」第1位。「広報活動に力を入れている」白鷗大学、「高い専門性を持つ」長岡技術科学大学
―「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」【北関東・甲信越編】より―

2012年11月21日

 日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で6年目になる「大学ブランド・イメージ調査 (2012-2013)」の結果をまとめ、11月21日に調査結果報告書を発行・発売する。全国の468大学を9つの地域に分割し、それぞれの地域で調査を実施。 「認知度/認知経路」「入学推薦度」「採用意向度」「49項目のブランド・イメージ」など、様々な角度から有職者、中学生以上の子供を持つ父母、教育関連従事者が評価した。本リリースでは、【北関東・甲信越編】の結果について紹介する。

  • 北関東編では、筑波大学、群馬大学、宇都宮大学が「大学ブランド力」ランキングのトップ3に。
  • 甲信越編の「大学ブランド力」ランキングのトップ3は、信州大学、新潟大学、山梨学院大学。
  • 「広報活動に力を入れている」白鷗大学、「高い専門性、専門知識を有する」長岡技術科学大学など、「らしさ」が大学ブランド力として評価につながる結果に。

有職者(ビジネスパースン)からみた「大学ブランド力」:北関東では筑波大学が2位以下に大差で1位に

 北関東の主要大学20校における「大学ブランド力」(大学の魅力度などブランド力の総合点を示すスコア)ランキング第1位は、87.6ポイントを獲得した筑波大学(表1-1)。第2位は群馬大学(56.6ポイント)、第3位には宇都宮大学(56.2ポイント)が続いた。

 甲信越編は、主要大学22校中、第1位が信州大学で74.2ポイント(表1-2)。第2位は新潟大学(69.8ポイント)、第3位は山梨学院大学(58.6ポイント)となった。

 各地域の大学ブランドスコアの分布をみると、北関東編では筑波大学が突出したポイントを獲得。2位と31ポイントの差がついた。また、第2位の群馬大学から、第5位の足利工業大学までの4校が50ポイント台、それ以降の15の大学は40ポイント台に留まっており、平均以下の各校は魅力をまだ十分に伝えきれていないと思われる結果となった。上位4位までを国立大学が占め、私立大学のトップには足利工業大学が入っている。

 甲信越編は、第3位の山梨学院大学から第6位の上越教育大学までが50ポイント台、それ以降の16大学が40ポイント台となった。トップ10をみると、国公立大学が6校、私立大学が4校ランクインしている。

教育関連従事者からの評価: 「広報活動に力を入れている」白鷗大学、「高い専門性、専門知識を有する」長岡技術科学大学

 本調査では、学校に勤務する教員・職員など教育関連従事者にもブランド評価を依頼している。その結果から、各ブランド・イメージ項目第1位になった大学をみると、その大学の特徴や「らしさ」が、どの程度浸透しているかがうかがえる (表2-1、2-2)。

 今回の調査では、北関東編の「広報活動に力を入れている」では白鷗大学が、「面白みがある」では流通経済大学がそれぞれ第1位になるなど、各大学の特徴が明らかになった。甲信越編では、長岡技術科学大学が、「高い専門性、専門知識を有する」や「就職状況が良い」など34項目中8項目で第1位を獲得している。

 今回、大学の認知経路についても尋ねているが、「大学ブランド力」上位に上がった、宇都宮大学や新潟大学をはじめとして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの認知が少しずつ増えている。こういった新しいメディアをいち早く取り入れ活用する例も増えており、今後の広報のあり方に変化が生まれていることも垣間見られる。

 各大学は、在校生やその父母、地域住民、企業採用担当者、卒業生など様々なステークホルダーと多岐に渡るコミュニケーションの中で、効果的な手段を使い、伝えたい大学イメージを訴求している。その成果が、この客観的な調査結果から明らかになっている。自校のこれまでの広報活動の振り返りや、今後の広報戦略の立案時にぜひご活用いただきたい。

(中村美穂=日経BPコンサルティング)

「大学ブランド・イメージ調査2012-2013」【北海道・東北編】【北関東・甲信越編】【首都圏編】【北陸・東海編】【近畿編】【中国・四国編】【九州・沖縄・山口編】

全国の主要大学計468校の「大学ブランド力」算出を目的としたインターネット調査(医科大学や体育大学、短期大学などは除外)。「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や、「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランド・イメージ49項目を測定し、それらをまとめた大学ブランドスコア(=大学ブランド力指数。偏差値)を算出してランキング化した。調査にあたって、日経BP/日経BPコンサルティング調査モニターを中心に、同地域にお住まいのお仕事をお持ちの方(有職者)や、中学生以上の子供がいる父母、教育関連従事者に回答を依頼。なお、調査設計や分析にあたり、企業ブランドおよび製品/サービスブランドの調査で実績のある「ブランド・ジャパン」で培ったノウハウを活用し、調査するイメージ項目を洗い出した。北関東・甲信越編は2012年8月1日~31日に実施し、北関東は2,036件、甲信越編は1,626件(同地域在住の有職者、学生の父母)の有効回答を得た。2012年11月21日に地域ごとの調査結果報告書を発行。
(http://consult.nikkeibp.co.jp/branding/solutions/university-brand/)

表1‐1●【北関東編】大学ブランドスコアランキング(有職者編)TOP10
表1 【北関東編】大学ブランドスコアランキング(有職者編)TOP10
表1-2●【甲信越編】大学ブランドスコアランキング(有職者編)TOP10
表1-2 【甲信越編】大学ブランドスコアランキング(有職者編)TOP10
表2-1●【北関東編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(34項目:教職員など教育関連従事者ベース)
表2-1 【北関東編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学クリックで拡大
表2-2●【甲信越編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(34項目:教職員など教育関連従事者ベース)
表2-2 【甲信越編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学クリックで拡大

【ノミネート大学】

  • 茨城県
    茨城大学、筑波大学、茨城キリスト教大学、常磐大学、筑波学院大学、つくば国際大学、流通経済大学
  • 栃木県
    宇都宮大学、足利工業大学、宇都宮共和大学、作新学院大学、白鷗大学
  • 群馬県
    群馬大学、群馬県立女子大学、高崎経済大学、前橋工科大学、関東学園大学、共愛学園前橋国際大学、上武大学、高崎商科大学
  • 新潟県
    上越教育大学、長岡技術科学大学、新潟大学、新潟県立大学、敬和学園大学、国際大学、長岡大学、新潟経営大学、新潟工科大学、新潟国際情報大学、新潟産業大学
  • 山梨県
    山梨大学、都留文科大学、山梨県立大学、身延山大学、山梨英和大学、山梨学院大学
  • 長野県
    信州大学、諏訪東京理科大学、清泉女学院大学、長野大学、松本大学

ブランド・ジャパン:国内で使用されているブランドを消費者とビジネスパーソンが評価する、日本最大のブランド評価調査プロジェクト。2001年に第1回調査を実施し、2013年で13回目を迎える。

日経BPコンサルティング:日経BP社全額出資の「調査・コンサルティング」、「企画・編集」、「制作」など、コンサルティング、コンテンツ関連のマーケティング・ソリューション提供企業。(2002年3月1日設立。資本金9000万円)

このリリース/報告書に関するお問い合わせ

日経BPコンサルティング ブランドコンサルティング部

中村 美穂 / 吉田 健一

〒108-8646 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー

お問い合わせ

HOME>最新情報>ニュースリリース>2012>北関東編では筑波大学が、甲信越編では信州大学が、それぞれ「大学ブランド力」第1位。「広報活動に力を入れている」白鷗大学、「高い専門性を持つ」長岡技術科学大学