HOME>最新情報>ニュースリリース>2016>大学ブランド・イメージ調査 2016-2017【近畿編】 大学ブランド力トップ3は、京都大学、大阪大学、同志社大学 「いま注目されている」大学は3年連続で近畿大学が首位、獲得率4割を超えた

ニュースリリース

大学ブランド力トップ3は、京都大学、大阪大学、同志社大学「いま注目されている」大学は3年連続で近畿大学が首位、獲得率4割を超えた
日経BPコンサルティング調べ 「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017」(2016年8月実施)【近畿編】

2016年11月30日

PDF版はこちら

株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、10年目になる「大学ブランド・イメージ調査 (2016-2017)」の結果をまとめ、11月30日に調査報告書を発売した(調査実施は2016年8月)。全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ねた。本リリースは、【近畿編(66校)】の「ビジネスパーソンからの回答結果」に関するものである。
【近畿編】の大学ブランド力TOP3は京都大学、大阪大学、同志社大学。前回からの上昇率では、第1位が同志社大学、第2位が京都外国語大学、第3位が同率で近畿大学と佛教大学となった。

調査結果のポイント

大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)
・京都大学、大阪大学、同志社大学がトップ3
・前回からの上昇率では、同志社大学が第1位、次いで京都外国語大学が第2位、同率第3位で近畿大学、佛教大学と続く
その大学特有の魅力として
・「いま注目されている、旬である」は近畿大学が3年連続第1位。年を追うごとに獲得割合が上昇し、本調査では4割を超えた
・「地域社会・文化に貢献している」で和歌山大学、「誠実である、正直である」で奈良女子大学が第1位

調査結果データ

《大学ブランド力》 トップ3は、京都大学、大阪大学、同志社大学

近畿地方の主要大学66校における「大学ブランド力」第1位は、90.2ポイントを獲得した京都大学(表1)。第2位は大阪大学(75.7ポイント)、第3位には同志社大学(71.3ポイント、私立大学では第1位)が続いた。

前回と比較すると、大学ブランド力上昇第1位は同志社大学で3.3ポイント伸ばした(表2)。第2位の京都外国語大学は2.4ポイント、第3位は近畿大学、佛教大学が共に2.3ポイント伸ばした。

《大学イメージ》 「いま注目されている、旬である」は近畿大学が3年連続第1位

大学に関する49項目のイメージについて、それぞれの大学の得票率を見ると、各大学特有の魅力が見えてくる(表3)。「いま注目されている、旬である」の第1位は近畿大学で、2014年8月調査から3年連続で第1位を獲得している。今回調査では、4割を超える回答割合を獲得し、他大学を大きく引き離した。継続したコミュニケーション活動が広く伝わっているだけでなく、受け手の記憶に残る情報発信をし続けていると言える。

また、今回の調査では、「地域社会・文化に貢献している」で和歌山大学、「誠実である、正直である」で奈良女子大学が第1位を獲得した。この2項目以外の47イメージでの第1位獲得大学の顔ぶれは、前回調査(2015年8月実施)と変わらなかった。

《認知経路》 ロイヤルティ上位校では、「テレビ番組」「新聞記事」「教授・教員・大学関係者」の影響が大きい

入学推薦率や採用意向率などロイヤルティを形成する情報はどのようなメディア、認知経路からの影響が大きいのか。北海道編を除く全地域の大学を、各地域の入学推薦率および採用意向率それぞれ上位5位までの大学と、6位以下の大学の2つのグループに分け、認知経路全体の中で各手段が占める割合を算出した(図4図5)。

結果を見ると、上位5位までの大学グループは、「テレビ番組」「新聞記事」など、いわゆるアーンドメディア(Earned Media)と呼ばれる信用や評判を得るメディアの割合と、「教授・教員・大学関係者」「知人・友人」など、口コミの割合が高い。「テレビ番組」や「新聞記事」「教授・教員・大学関係者」は、学内の教育・研究の成果や、その大学独自の強みの伝達に対して使われることの多い情報発信手段である。そのため、大学名や特長を「伝える」だけでなく、他大学と差別化できる「質」にこだわった情報発信が可能だといえよう。

一方、6位以下の大学グループは、「テレビCM」「新聞広告」「交通広告・ポスター」などの広告出稿、ペイドメディア(Paid Media)の割合が高い。「大学案内」「ホームページ」などに代表される、自校で所有して情報発信をするオウンドメディア(Owned Media)の割合には、あまり差が見られない。

本調査では、大学ブランドを算出する49項目以外にも、大学の「認知率」や、口コミなどに影響される「入学推薦率」「採用意向率」などロイヤルティに関わる結果を客観的評価にまとめている。大学ブランドの浸透度合いに合わせた戦略的なコミュニケーション活動に、ぜひお役立ていただきたい。

「大学ブランド・イメージ調査2016-2017」
【東日本編】【首都圏編】【北陸・東海編】【近畿編】【中国・四国編】【九州・沖縄・山口編】

全国の主要大学計455校(医科大学や体育大学、短期大学などは除外)の「大学ブランド力」算出を目的としたインターネット調査。 日経BPコンサルティングの提携先調査機関の調査モニターを中心に、同地域に居住する仕事をされている方(ビジネスパーソン)や、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者に回答を依頼。「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランド・イメージ49項目を測定し、それらをまとめた大学ブランド力(偏差値)を算出してランキング化した。調査設計や分析にあたり、企業ブランドおよび製品/サービスブランドの調査で実績のある「ブランド・ジャパン」で培ったノウハウを活用し、調査するイメージ項目を洗い出した。調査期間は2016年8月1日~8月31日、本リリースで結果を掲載したビジネスパーソンの有効回答数は、4,291件(近畿編)。2016年11月30日に地域ごとの調査結果をリリース。(http://consult.nikkeibp.co.jp/info/news/2016/1130ubj_4/)

資料

表1 【近畿編】大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP20
表1 【近畿編】大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP20 クリックで拡大
表2 【近畿編】大学ブランド力上昇ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP3
表2 【近畿編】大学ブランド力上昇ランキング(ビジネスパーソンベース)TOP3 クリックで拡大
表3 【近畿編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(49項目:ビジネスパーソンベース)
表3 【近畿編】各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(49項目:ビジネスパーソンベース) クリックで拡大
図4 《認知経路》入学推薦率上位5位グループと6位以下グループの平均値比較
図4 《認知経路》入学推薦率上位5位グループと6位以下グループの平均値比較 クリックで拡大
図5 《認知経路》採用意向率上位5位グループと6位以下グループの平均値比較
図5 《認知経路》採用意向率上位5位グループと6位以下グループの平均値比較 クリックで拡大

ノミネート大学

滋賀県

滋賀大学、滋賀県立大学

京都府

京都教育大学、京都工芸繊維大学、京都大学、京都府立大学、大谷大学、京都外国語大学、京都学園大学、京都産業大学、京都女子大学、京都精華大学、京都橘大学、同志社女子大学、同志社大学、花園大学、佛教大学、立命館大学、龍谷大学

大阪府

大阪教育大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、追手門学院大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪経済法科大学、大阪工業大学、大阪国際大学、大阪産業大学、大阪樟蔭女子大学、大阪商業大学、大阪電気通信大学、関西外国語大学、関西大学、近畿大学、四天王寺大学、摂南大学、帝塚山学院大学、梅花女子大学、阪南大学、桃山学院大学

兵庫県

神戸大学、兵庫教育大学、神戸市外国語大学、兵庫県立大学、大手前大学、関西国際大学、関西学院大学、甲南女子大学、甲南大学、神戸学院大学、神戸松蔭女子学院大学、神戸女学院大学、神戸女子大学、神戸親和女子大学、兵庫大学、武庫川女子大学、流通科学大学

奈良県

奈良教育大学、奈良女子大学、帝塚山大学、天理大学、奈良学園大学、奈良大学

和歌山県

和歌山大学

■日経BPコンサルティング

日経BP社全額出資の「調査・コンサルティング」、「企画・編集」、「制作」など、コンサルティング、コンテンツ関連のマーケティング・ソリューション提供企業。(2002年3月1日設立。資本金9000万円)

このリリース/報告書に関するお問い合わせ

株式会社 日経BPコンサルティング ブランドコミュニケーション部

渡邉真由美
Tel.03-6811-8308 Fax.03-5421-9176

http://consult.nikkeibp.co.jp/

〒108-8646 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー

お問い合わせ

HOME>最新情報>ニュースリリース>2016>大学ブランド・イメージ調査 2016-2017【近畿編】 大学ブランド力トップ3は、京都大学、大阪大学、同志社大学 「いま注目されている」大学は3年連続で近畿大学が首位、獲得率4割を超えた