ブランド・ジャパン使い方講座 第1回

ブランド・ジャパン活用法(データの意味を知る)

2019.07.31

ブランディング

  • 石原 和仁

    ブランド・ジャパン プロジェクトマネージャー石原 和仁

ブランド・ジャパン活用法(データの意味を知る)
この記事では、ブランド・ジャパンデータの活用法を数回に分けてご紹介していきます。
ブランド・ジャパンデータの使い方は下記の2点がまず見ていただきたいポイントとなります。
  1. ブランドの今を知る
  2. 今後の動向を読むために過去の経緯を分析する

第1回目はブランド総合力指標、国内におけるブランドの位置付けについてご説明します。

1.ブランドの今を知る

まず確認したいのが、総合力とブランドの特徴を表す因子が、それぞれどの順位帯(レンジ)にいるのかを確認します。レンジを区分するときの目安ですが、TOP10、20、50、100、200、400といったところです。

ブランド力の今を知る

そして赤線で区切ったように4つのステージ(TOP10以内、TOP50以内、TOP200以内、それ以外)があるようです。ブランド総合力がこのラインを超えてより高いステージに上るのか、それとも落ちるか。このステージ区分を参考として、自社や競合ブランドについてデータを見ていただければと思います。

併せて、業種の平均値がどの位置にいるのかも確認することで、業界自体の位置づけを知ることができます。

ブランド・ジャパンダッシュボードでは、全体ランキングからデータを取得することができます。

ブランド・ジャパンダッシュボード 各種ランキングと操作説明

2.今後の動向を読むために過去の経緯を分析する

業界2番手3番手が、首位のブランドを上回ることがあり、そういうときのブランド力の推移にはどうも特徴があるようです。2つの折れ線の近づき方、離れ方、重なり方に沿って、丸を6個置いてみました。

2頭立てのリーダーが立つ、という具合に収斂していくことが多いようです。

マイクロソフトとアップルの総合力推移のスライド

マイクロソフトブランドは、2004年にxboxのヒットシリーズとなったHaloの2作目をリリース。2007年にWindows Vistaを、2009年に最も浸透したと言われているWindows 7を、2015年ではWindows 10をリリース。また、2012年にリリースされたタブレットPCのSurfaceシリーズが年を重ねるにつれ好評となる。

Appleブランドは、2003年にiTunes Storeの提供を開始、2004年にはiPod miniを翌年にはiPod nano、iPod shuffleを、2007年にはiPod Touch発売し、以降は携帯音楽プレーヤー市場で圧倒的なシェアを獲得した。また、2007年では、iPhoneとiMacのリリースも。スティーブ・ジョブズ氏のプレゼンテーションが話題となる。同氏は2011年に死去される。このように歴史を振り返ると、両ブランドの関係性のターニングポイントは2007~2008のあたりにあったようです。

総合力の推移だけでなく、因子の推移も合わせて分析することでより具体的な状況をイメージすることができます。この先の自社や競合のブランド力の推移についていくつかのパターンを想定し、用意をしておくことができるようになればブランディングにおいて有効な手立てを講じる一助になるのではないでしょうか。

次回は「因子・イメージ項目の結果から自社・競合のブランドのタイプを理解する」をお送りします。

ブランド・ジャパンの調査設計、ブランド力の算出方法はこちら。

ブランド・ジャパンとは

連載:ブランド・ジャパン使い方講座

  • 第1回 ブランド・ジャパン活用法(データの意味を知る)

日経BPコンサルティング通信

配信リストへの登録(無料)

日経BPコンサルティングが編集・発行している月2回刊(毎月第2週、第4週)の無料メールマガジンです。企業・団体のコミュニケーション戦略に関わる方々へ向け、新規オープンしたCCL. とも連動して、当社独自の取材記事や調査データをいち早くお届けします。

メルマガ配信お申し込みフォーム

まずはご相談ください

日経BPグループの知見を備えたスペシャリストが
企業広報とマーケティングの課題を解決します。

お問い合わせはこちら