貴社の
企業メッセージは、
今のままで
適切ですか?

withコロナ時代の最新調査結果
企業メッセージ調査2020

2020年10月28日(水)発行

新型コロナウイルスの感染拡大で、世の中は一変しました。
withコロナ、ニューノーマルの時代、
企業には、より社会的な責任やサステナビリティが求められ、
企業のあり方、企業の伝え方は大きく変わることでしょう。
実際に、自社ブランドの見直しに関するお問い合わせが多数寄せられています。

この時代に、貴社の企業メッセージは、今のままで適切ですか?

メッセージが今のままで適切か
調べたことはありますか?

貴社の魅力や姿勢を多くのターゲットに向けて的確に届けるために、
企業メッセージに多くの広告費をかけ発信し、どのくらい人々の印象に残るのでしょうか。

  • ブランドを的確に伝えるべき企業メッセージ
  • あらゆるシーンで目にされているはずの企業メッセージ
  • 莫大な広告費をかけて使われている企業メッセージ
そのメッセージは、世の中の人々に知られていますか?
意図が伝わっていますか?
企業ブランドと結びついていますか?

とても残念なことに…

  • 知られていない

    7割以上(※1)のメッセージがどこの企業が使用しているかを知られていない
  • 想起されない

    8割以上(※2)のメッセージは企業名を想起できない
(日経BPコンサルティング「企業メッセージ調査2020」より)
  • ※1 セット認知率5%以下のメッセージが全体の70.2% 
  • ※2 企業想起率5%以下のメッセージが全体の85.4%

実際のところ、人々の記憶に残り伝わるメッセージを
発信していくことは難しいことが理解出来ます。

貴社の企業メッセージは適切ですか?

企業メッセージが適切かどうか、
認知、接触、理解、好感などあらゆる角度から
客観的に測定した調査レポートが「企業メッセージ調査2020」です。

  • 認知度

  • 企業の結びつき

  • 理解度

  • 好感度

企業メッセージはブランディングに重要!

企業メッセージの評価が高いとブランド力も高い!
  • ※1「企業メッセージ調査2020」にノミネートされた「ブランド・ジャパン2020(一般生活者編)」のブランド総合力の平均スコア
  • ※2「企業メッセージ調査2020」の企業名想起率トップ20に絞った場合の「ブランド・ジャパン2020(一般生活者編)」のブランド総合力平均スコア
  • ※3「企業メッセージ調査2020」の理解度トップ20に絞った場合の「ブランド・ジャパン2020(一般生活者編)」のブランド総合力平均スコア

ブランド・ジャパンの一般生活者編の総合力の全体平均では54.8ポイントのところ、
企業メッセージ調査の企業名想起率上位20位以内の企業に絞ると、62.6ポイントに上昇します。
本調査項目「企業がメッセージによって伝えたい内容を理解したか」を尋ねる評価で
上位20位以内の企業では、ブランド・ジャパンの一般生活者編の総合力の平均が65.4ポイントです。

企業メッセージの内容が正確に理解されると、
企業名の想起、企業ブランディングの向上につながります。

※4 ブランド・ジャパンとは
企業、商品・サービスのべ1,500ブランドを、5万人以上の一般生活者とビジネス・パーソンが評価する日本最大のブランド価値評価プロジェクト。

企業メッセージ調査でわかること

  • メッセージ認知度
    このメッセージを知っているか?
    (メッセージのみ提示)
  • 企業名想起率
    このメッセージを使用している
    企業名がわかるか? (メッセージのみ提示)
  • セット認知率
    このメッセージをこの企業が
    使用していることを知っているか?
    (メッセージと企業名を提示)
  • 接触率
    このメッセージをどのメディアで
    接触しているか? (メッセージのみ提示)
  • 五感刺激
    このメッセージで思い浮かぶもの〔映像、イメージカラー、ロゴ、ジングル、有名人、キャラクターなど〕はなにか?
    (メッセージのみ提示)
  • 理解度
    この企業が、このメッセージによって
    伝えようとする内容がわかるか?
    (メッセージと企業名を提示)
  • メッセージ好感度
    このメッセージに好感が持てるか?
    (メッセージのみ提示)

商品概要

商品名
企業メッセージ調査2020
発行日
2020年10月28日(水)
価格
300,000円(税抜)
納品形態
データ納品(Excelマクロファイル、PDFファイル)
収録項目
  • ・ランキング表
  • ・個別分析シート(全体結果)
  • ・個別分析シート(属性別結果)
  • ・比較分析シート
  • ・回答者からの自由意見
  • ・調査概要
  • ・取扱説明書
備考
ノミネート対象外の企業メッセージ調査や、企業ロゴ、サウンドロゴの評価調査も承っております。
ご要望に応じてお見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

調査概要

調査名称
「企業メッセージ調査2020」
調査機関
日経BPコンサルティング ブランドコミュニケーション部
調査目的
  • ・一般消費者の企業メッセージへの認知、接触、理解、好感とイメージを測定する
  • ・企業メッセージがその企業を象徴したもの、代表性のあるものになっているか、また、効果的で適切なものかを判断する指標を提供する
  • ・効果を上げている企業メッセージに共通する要素や使用法を明らかにする
  • ・基本的なデータと、効果的な企業メッセージの選定、使用を考える上で役立つ情報を提供する

※企業メッセージについて

この調査では、『企業や企業グループが、自社のコンセプトや理念、姿勢、方針などを社外(消費者や取引先など)や社内(自社及びグループ企業の従業員)に伝え、浸透させるために全社的に一貫して使用しているフレーズや文言』という定義づけをしている

調査内容
  • ・各企業メッセージに対応する企業名を自由記入式で尋ねる設問
  • ・各企業メッセージの認知度、接触、好感、イメージ等の設問
  • ・回答者の属性(年齢、性別、職業)
調査対象
メッセージ
  • ・329メッセージ(企業数:211社)
  • 「企業メッセージ調査2020」の「事前調査」にご協力いただいた企業のメッセージの中から選出
  • ※特定の事業のメッセージを含む場合もある
  • ※調査票及び報告書では、調査時点での企業名を用いた
調査方法
  • ・インターネット調査
調査対象者
  • ・全国の一般消費者(インターネットユーザー)
調査期間
  • ・2020年8月21日 インターネット調査開始(調査画面オープン)
  • ・2020年8月30日 インターネット調査終了(調査画面クローズ)
  • ・2020年10月28日 報告書発行
告知方法
調査協力依頼メールを配信
回収数
29,245件