HOME>ウェブ>Webサイト現状分析

Webサイト現状分析

正確な現状分析からはじまるWebサイト構築

サイトの「いま」を知ることが、「未来」につなげる第一歩

現サイトの実態を把握し、コンテンツ内容やデザインだけに留まらず、構造から運用までを改善する目的で調査、診断し、課題を抽出します。ヒアリングによるサイトの役割範囲の整理、サイトユーザビリティ診断、SEO・LPO、サイト構造分析、アクセスログ解析、調査などの手法から、お客様の悩みやWebサイトのご要望に応じた最適な方法で現状分析を行います。分析に基づき課題を明確化することで、効果的なWebサイト構築、改修へ進むことができます。

サイトの「いま」を知ることが、「未来」につなげる第一歩

サイト実態ヒアリング

自社のWebサイトサイトのターゲット、利用シーン、ゴールなどについてヒアリングし、必要な入口やコンテンツなどを整理します。Webガバナンスの実態も確認し、不足している要素を洗い出します。

どんなコンテンツがどのように提示されているか、現状を分析します。想定している情報を届けたいターゲットに対して、効果的な情報伝達ができているかを分析し、残すべきコンテンツ、補足すべきコンテンツを抽出します。自社だけでなく、他社のサイトを調査・分析することで実践的なコンテンツ作成ができるようになります。

アクセスログ解析

アクセスログから、ビジターがサイトに求めるものを抽出し、SEO/LPOの観点からの改修策を作成します。
外部からの流入状況、入口ページから離脱までの経路、目的ページへの到達率など、アクセスログから現状を定量分析し、診断します。
Webサイトの導線やコンテンツの抱える課題点を明確にしていきます。改修前の分析として行うほか、改修後の効果測定として行い的確なPDCAのサイクルを回すことで、継続したWebサイトのコミュニケーション力の向上を目指します。

SEO・LPO分析

サイトが検索エンジンから評価される構造になっているか、入口ページから訪問者が次のアクションを誘発しやすい構造になっているかを分析します。

アクセスログ解析

お問い合わせはこちらから

当社の法人向け商品・サービス、ソリューションに関するご相談は、こちらのWebフォームからご連絡ください。
お急ぎの場合はお電話 03-6811-8715(平日9:30 〜 17:30)でも承ります。

お問い合わせフォーム

HOME>ウェブ>Webサイト現状分析

PAGETOP