テレワーク時代だからこそ エンゲージメントを高める動画6選

顧客や従業員ほか多様なステークホルダーの信頼獲得に、様々なコミュニケーションを図ったが思ったほど共感を得られない――そんなお悩みをお持ちではないでしょうか。テレワークが普及し、働き方改革が進む一方で、社員一人ひとりに会社の理念やトップの想いを伝えることに、より工夫が求められています。他方、社外では株主、取引先、就職希望者などステークホルダーが細分化され、ターゲット毎に共感されるメッセージを発信することがより重要になっています。

なぜ、いまエンゲージメント動画なのか?

ステークホルダーが多様化する現在、重要なのは〈ステークホルダーの共感を得て惹きつける=エンゲージメントを高める〉こと。そのためには、文字で表せない空気感やニュアンスを伝えられる動画の表現力、情報量はまさに最適です。特に有効なエンゲージメント動画の例を厳選しました。エンゲージメント施策は当社へご用命ください。

経営理念・
戦略浸透
のための
社内報動画

思わず見たくなる動画で、社内一体感を醸成

従業員に、経営理念や中計、行動憲章といった日々の業務の指針を浸透させるには、「社内報動画」がお薦めです。「イントラに載せて読まれるのを待つ」社内報ではなく、自席勤務時や通勤中に、“思わず見たくなる”魅力的な動画を配信し、従業員が能動的に見るように仕掛けることで、浸透と全社一体感の醸成を狙いましょう。

オンライン採用のための
リクルーティング動画

就職希望者の心に自社の魅力を植え付ける

テレワークが進んだ今、遠隔地在住や来社できない就職希望者に、面接などオンライン採用を行う場合も少なくありません。そうした際は会社案内をPDFで送るより、社長の言葉も肉声で伝える等、採用メッセージを「リクルーティング動画」として届け、深く自社を理解してもらいましょう。結果、優秀人材の獲得につながります。

サステナビリティ推進のための
SDGs動画

CASE STUDY|住友ベークライト持続可能な社会への貢献を視覚イメージと合わせて印象付ける

SDGsの取り組みを推進させるため、全社の意識浸透を目的としました。全編を通し、静岡工場のビオトープで撮影した、子どもの輝く未来を思わせるイメージムービーを背景に、自社の事業が、SDGsのどの目標に貢献するのか具体的に説明していきます。自分が勤める会社が持続可能な社会に貢献することをイメージ付ける演出としました。

「住友ベークライトグループ SDGsの取り組み」

テクノロジー
ブランディング
のための
研究・開発動画

CASE STUDY|日本電子ドラマチックな実機操作や動作シーンCGで高い技術力を表現

同社が70周年に掲げたコンセプトが、事業領域拡大、新サービス導入を目指す「70年目の転進」でした。周年式典用の動画では、電子顕微鏡をはじめ理科学・計測機器、産業機器、医用機器のコアテクノロジーで、世界の産業を支えてきた歴史を紹介。製品が作動するCGや社員による操作シーンで臨場感を演出し、高い技術力を訴求しています。

「日本電子 70年目の転進 Evolving in the 70TH YEAR」

企業ブランディングのための
会社案内動画

CASE STUDY|三井住友建設江戸時代に始まる企業DNAに社員の思いを乗せたブランド訴求

企業ブランド向上と企業DNAの社内共有、若手人材の獲得を目的に「90秒でわかる三井住友建設」シリーズ3本を制作。1本目の本作は、三井建設と住友建設の合併を経た、江戸時代に始まる同社のDNAと、社員それぞれの仕事にかける想いにフォーカス。橋梁と住宅の建設を通した社会貢献と、人を大切にし成長を促す企業文化を短時間でアピールしています。

「私たちが三井住友建設だ|90秒でわかる三井住友建設」

優秀人材獲得のための
入試広報・リクルーティング動画

CASE STUDY|園田学園女子大学高校生の心象風景のショートドラマで、自然な共感を獲得

「オープンキャンパスへの興味を沸かせる」という目的から、あえて内容を大学紹介ではなく、高校生の心象風景をショートドラマに仕立て、共感を狙うよう設計した動画です。高校生の悩みや他愛のない会話からこぼれるオープンキャンパスの話題は、自然体で来場してもらいたいという大学の想いを反映しています。交通広告などで展開されました。

「園田学園女子大学オープンキャンパスの案内」(希望を描く夏。前編)

「園田学園女子大学オープンキャンパスの案内」(希望を描く夏。後編)

エンゲージメントを高める動画
3つのポイント

エンゲージメント動画は、設計から他の動画とひと味違います。効果を高めるポイントを解説します。

1.「誰のエンゲージメントをどう高めたいか」を考える

動画でエンゲージメントを高めたい人は誰でしょうか。その人に動画を見た後、どうなってほしいのでしょうか。
情報量も表現力も豊かな点が動画の特長ですが、これを絞らないと八方美人の内容になり、結果、受け手の記憶に残らず、逆効果です。
複数のテーマを入れた6分の動画1本より、テーマ別に2分の動画3本のほうが、エンゲージメント向上には効果的です。

2.「5W1H」を明確にする

エンゲージメント動画の設計の基本は、実はシンプルな「5W1H」です。ポイント1は、ターゲット「Who」と目的「Why」を絞ることでした。続いて動画の中身を固めるため、5Wの要素を決めていきます。5Wを決めれば、ぼんやりしていた動画の中身が、少しずつ形作られていきます。

Who

ターゲットを明確に、できるだけ絞る

例:新規顧客、既存顧客、取引先、従業員、株主。※どのような意識状況なのかも考えるとベター

What

主題(テーマ)は、1つ

例:会社案内、事業紹介、商品PR、事例紹介、お客様の声、周年、SDGs、ESG

Why

動画・映像化する⽬的・意味

例:認知向上、ブランディング、マーケティング、営業

Where

視聴される場所・デバイス

例:展⽰会、式典、PC、スマートフォン、デジタルサイネージ、SNS

When

視聴のタイミング

例:展⽰会ブース来訪時、営業訪問時、オフィスで就業中、通勤・移動中、⾃宅

5WはHOWを決める要素になる

3.「HOW」を決定してから作る

5Wで中身が固まると、次の「How」、その中身をどう表現するかという要素も、見えてきます。
具体的には、イメージ重視なのか説明重視なのか、実写なのかCGなのか、という表現軸を考えます。尺の長さもここで決めましょう。
ちなみに尺や演出は、動画を上映する場所やデバイスで変わりますので要注意です。

How

動画の表現、演出

例:イメージ重視か、説明重視か。実写かCGか。シナリオや演出はどうするか。尺の長さは?

制作費⽤について
50万円~
※動画の目的、内容、出来上がりイメージ等をお聞ききしてのお見積りになります。お気軽にお問い合わせください。
動画制作オンライン講座、無料公開中!

「なぜ今、『動画』の存在感が大きくなっているのか?」を当社ディレクターがレクチャーするオンライン講座(録画)です。
今すぐ視聴できますのでご希望の方は下記からお申し込みください。

オンライン講座を視聴する