HOME>マーケティング>コンテンツマーケティング戦略策定

コンテンツマーケティング戦略策定

MAEKETING FUNNEL

認知 興味・関心 理解 検討・比較 購入 満足 推薦

貴社のビジネス目的を達成するための戦略を

現在検討、導入しているコンテンツマーケティングは、自社のビジネスの形態に本当に合致しているでしょうか。
コンテンツマーケティングを真に効果的な施策とするためには、自社のビジネスの形態に合致した戦略に基づくことが何より重要です。
社内営業体制や、情報伝達プロセス、既存のマーケティング活動を整理し、「誰に、何を、どうやって」伝えるかを定義することで、コンテンツの力を最大限に活かした施策を導き出します。

見込み顧客獲得、顧客育成、メディア最適化まで、Webサイトのマーケティング戦略をサポートします。

マーケティング用コンテンツの設計の仕方について

「オウンドメディア」としてのWebサイト戦略

企業が「オウンドメディア」を持つことが、当たり前になっています。中でもBtoB企業のWebサイトでは、「顧客とコミュニケーション」すること、つまり、“メディア”であり“チャネル”の役割が不可欠です。

では、貴社のWebサイトを見て、「ファンや見込み顧客が集まっている」「顧客とコミュニケーションの“場”になっている」と言えるでしょうか? 単に自社の製品やサービスを紹介しているだけでは、顕在化した顧客向けの「カタログサイト」にすぎません。

オウンドメディア(Webサイト)を通じて、顧客とコミュニケーションするポイントは3つあります。

  1. 顧客が興味を持ち「アクション」を誘発するコンテンツ

  2. アクションをコミュニケーションにつなげる「仕掛け」

  3. Webサイト自体の「使いやすさ」(ユーザビリティ)

弊社のコンサルタントは、これらのポイントを押さえながら、現状分析から問題点の洗い出しまでを行い、貴社Webサイトの最適化や活用を提案します。「成果」につながるマーケティグ施策までトータルにサポートできるのが強みです。

マーケティングサイトによるリードジェネレーション施策

顧客を開拓するための施策として、展示会やDM、テレフォンアポイントメントなどがあります。ただし、リアルな営業活動によるリード(見込み顧客)獲得はコストと時間がかかるのが悩みの種。ターゲットとなり得る企業へのアプローチが漏れてしまう心配もあります。

Webサイトを使ったリード獲得なら、時間と場所を選びません。24時間稼働するため、時間とコストの低減が期待できます。とは言え、「売りたい商品の情報」を並べて、自己本位の情報発信をしているだけではリードの集客はままならないでしょう。

見込み顧客が集まってくるリードジェネレーションサイトには、「ターゲットを呼び込む、魅力的なコンテンツがある」「ターゲットにとって、Webサイトが“見つけやすく”“使いやすい”」という特長があります。

リードナーチャリング施策

セミナーやキャンペーンで名刺を集めても、「興味関心事がどこにあるのか」「どの顧客候補からアプローチすればよいのか」「適切なアプローチのタイミングはいつなのか」などが分からず、集めたリストを生かせないまま、数だけが多くなり毎回捨ててしまう――。

こうした悩みはないでしょうか。従来は、営業担当者が個々に対面することで見込み顧客を獲得してきました。名刺のように企業名や肩書きだけで、営業対象として最適な潜在顧客なのかどうかは判断しにくいのが実情です。

Webサイトが「御用伺い」と「製品・サービス」のアプローチを代行すれば、“問い合わせ未満”の潜在顧客をナーチャリング(育成)し、顕在化させられます。オンライン上で顧客の興味関心事を把握し、営業として魅力ある対象とみなせる情報をつかむことで、見込み顧客を増やし、適切なタイミングでリアルの営業につなげられます。

営業の効率化はもちろん、受注率アップを実現する「リードナーチャリング」施策と、そのために必要なWebサイト構築のノウハウを提案いたします。

「Webサイトの顧客体験5階層」に基づいて戦略を策定

下記のWebサイトの顧客体験5階層に基づいて、現状を分析し、あるべき姿の明確化明確化、実現のための指針を提示します。「誰に対して」「何を」「どのように」を明確に定義します。

ジェシー・ジェームス・ギャレットの5段階モデル

「誰に対して」伝えるか=ターゲット設定

営業がリーチできない層を取り込むのか、優良顧客に特化した情報提供を行うのかなど、自社の営業活動において効果的なコンテンツマーケティングで情報を届けるターゲットを設定します。

ターゲット設定について

「何を」伝えるか=コンテンツ設計

顧客が求める情報は何か?それを届けられているか?既存のコンテンツ(自社、他社)を分析し、マーケティングのための緻密なコンテンツ設計をご提案します。

マーケティング用コンテンツの設計の仕方について

「どのように」伝えるか=媒体戦略の整理

顧客から見た情報接点を整理し、コンテンツマーケティングにおいてコンテンツを提供する媒体を決めます。 顧客のメディア行動、トレンド、コンテンツの特性を分析し、伝えたいものを伝えるのに最も効果的なメディアは何かを整理します。

マーケティング担当者向け読み物

お問い合わせはこちらから

当社の法人向け商品・サービス、ソリューションに関するご相談は、こちらのWebフォームからご連絡ください。
お急ぎの場合はお電話 03-6811-8715(平日9:30 〜 17:30)でも承ります。

お問い合わせフォーム

HOME>マーケティング>コンテンツマーケティング戦略策定

PAGETOP