">

HOME>最新情報>ニュースリリース>2018>Webサイトのブランド力、総合編は「Yahoo! JAPAN」が4回連続の首位 一般企業編は企業活動の訴求が高評価の「サントリー」がトップを堅持

ニュースリリース

Webサイトのブランド力、総合編は「Yahoo! JAPAN」が4回連続の首位
一般企業編は企業活動の訴求が高評価の「サントリー」がトップを堅持
日経BPコンサルティング調べ 「Webブランド調査2018-秋冬」

2018年12月20日

株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2018-秋冬」の結果をまとめた。Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響等を明らかにするもので、2018年12月20日に調査報告書を発行・発売した。

調査結果のポイント

  • 総合ランキングは「Yahoo! JAPAN」が2017-春夏調査から4回連続で首位を獲得
  • 一般企業編(インターネット専業企業を除く)では、「サントリー」が首位を維持
    「サントリー」は企業の取り組みに対する意識を測る「態度変容:企業活動」が高評価
  • スコア上昇サイト:「アサヒ飲料」が「態度変容:企業活動」「行動喚起」で評価高まる
    「アサヒ飲料」は新製品情報やキャンペーンが好評で、製品購入などの「行動喚起」が上昇

「行動喚起」スコアが上昇した「Yahoo! JAPAN」が4回連続で総合第1位を維持

調査対象500サイト中の総合ランキング第1位となったのは「Yahoo! JAPAN」。第2位は「楽天市場」、第3位は「Amazon.co.jp」で、トップ3には前回同様のサイトが並んだ(図表1)。

「Yahoo! JAPAN」のWebブランド指数(WBI)は前回114.8ポイントから0.5ポイント増の115.3ポイント。個別の評価指数のうち「態度変容:製品・サービス」「態度変容:企業活動」が前回より低下したものの、「行動喚起」の上昇により前回と同水準のスコアを維持した。同サイトは高いアクセス頻度を背景に、日常生活に関連するサービスを幅広く展開していることから、購買や情報拡散など実際の行動につながりやすいサイトとなっている。

一般企業サイト編は「サントリー」が「態度変容:企業活動」の高評価を維持し、3回連続で首位を獲得

一般企業サイト(インターネット専業企業サイトを除く)のトップ3は、「サントリー」「Tサイト」「アサヒビール」(図表2)。

第1位の「サントリー」はWBIが前回調査から増減なしの87.5ポイントを獲得し、一般企業サイトでの首位を堅持した(図表3)。同サイトは「態度変容:企業活動」の評価が全500サイト中第1位と極めて高い。自由意見でもメインビジュアルの動画を始めとした企業活動に関連したコンテンツについての言及が多く見られ、同サイトがコーポレートメッセージ「水と生きる」の浸透に寄与しているといえる。

第2位は「Tサイト」で、WBIは前回から2.1ポイント減の76.7ポイント(図表4)。WBIはやや低下したものの、「アクセス頻度」「行動喚起」を中心に高評価を維持した。ポイントの確認やポイントプレゼントのキャンペーンを目的とした来訪者が多いサイトであるため、個別の項目では「キャンペーンコンテンツを利用」「メールマガジンの購読、会員専用ページにログイン」が高い得票率となった。

「アサヒ飲料」は豊富な製品情報やキャンペーンによる「行動喚起」、TVCMと連動したイメージ訴求による企業への好感度アップで「態度変容:企業活動」のスコア上昇

前回から今回にかけてスコアが大きく上昇したサイトは「アサヒ飲料」「企業情報|ソフトバンクグループ」「S&B エスビー食品」だった(図表5)。「アサヒ飲料」は前回から13.0ポイント増の74.0ポイント(図表6)、「企業情報|ソフトバンクグループ」は10.7ポイント増の53.2ポイントだった(図表7)。

「アサヒ飲料」は「態度変容:企業活動」、「行動喚起」の評価が大幅に上昇し、自由意見では新製品情報やキャンペーンコンテンツ、CM情報に関する好意的な意見が目立った。同サイトは大きなリニューアルは行っていないが、製品情報の継続的な発信が購入やキャンペーン利用といった行動を喚起していることに加え、異なるタッチポイント間で統一感のあるブランドイメージを訴求していることが、サイト来訪者に好意的に受け止められたといえる。

近年の企業Webサイトの動きとしては、PCやスマートフォンなどさまざまな閲覧デバイスを考慮したサイトデザインが増加している。また、会社情報が主体となるコーポレートサイトを中心に、表現を工夫したコンテンツで企業活動を訴求したサイトが見られるようになっている。調査結果の傾向としては、来訪者の目的に合った情報を的確に提示しているサイトや、製品・サービスや企業活動の魅力を積極的に発信しているサイトの評価が高い。企業のマーケティングや広報活動におけるサイトの貢献度を本調査で確認し、顧客接点の改善やブランド力の強化にお役立ていただきたい。

図表1 Webブランド指数 総合ランキング トップ50
今回順位 前回順位 サイト種類 サイト名 Webブランド指数スコア(WBI)
2018-秋冬
(今回)
前回とのスコア差
1 1 ネット専業 Yahoo! JAPAN 115.3 +0.5
2 2 ネット専業 楽天市場 111.6 +2.6
3 3 ネット専業 Amazon.co.jp 102.9 -1.6
4 4 ネット専業 Google 97.2 +2.0
5 5 一般企業 サントリー 87.5 0.0
6 6 ネット専業 YouTube 85.5 +1.4
7 9 一般企業 Tサイト 76.7 -2.1
8 23 一般企業 アサヒビール 74.4 +5.8
9 31 ネット専業 楽天トラベル 74.2 +8.3
10 50 一般企業 アサヒ飲料 74.0 +13.0
11 19 一般企業 サッポロビール 73.8 +3.6
12 13 一般企業 ヤマト運輸 73.1 0.0
13 8 ネット専業 Wikipedia 72.5 -7.9
14 7 ネット専業 クックパッド 72.0 -8.8
15 49 一般企業 S&B エスビー食品 71.6 +10.5
15 12 一般企業 キリン 71.6 -2.1
15 32 ネット専業 食べログ 71.6 +5.8
18 29 一般企業 CLUB Panasonic 70.4 +3.9
19 21 一般企業 Kao 花王 70.1 +0.4
20 30 一般企業 パナソニック商品情報 69.5 +3.2
21 17 一般企業 味の素 商品情報サイト 69.3 -1.8
22 15 一般企業 日本郵便 68.8 -2.9
23 27 一般企業 キッコーマン 68.4 +1.7
24 54 一般企業 カルピス 68.3 +7.7
25 11 一般企業 じゃらんnet 68.2 -6.1
26 14 ネット専業 楽天カード 67.5 -4.7
27 61 一般企業 えきねっと(JR東日本) 66.4 +6.5
28 16 ネット専業 価格.com 65.8 -5.4
29 70 一般企業 トヨタ自動車 65.5 +7.0
30 18 一般企業 日清製粉グループ 65.0 -5.7
31 56 一般企業 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 64.9 +4.5
32 40 一般企業 ニチレイフーズ 64.5 +1.4
33 83 ネット専業 楽天銀行 64.3 +6.5
34 34 一般企業 ケンタッキーフライドチキン 64.2 -1.1
35 85 一般企業 カゴメ 64.0 +6.3
36 22 一般企業 日本郵政 63.9 -5.3
37 41 一般企業 JAL 63.8 +1.6
37 35 一般企業 McDonald's Japan 63.8 -0.5
37 25 一般企業 森永乳業 63.8 -3.4
40 101 一般企業 NTTドコモ 63.6 +7.6
41 48 一般企業 キヤノン:商品・サービス情報 63.3 +1.5
42 26 一般企業 ハウス食品 62.9 -3.9
43 41 一般企業 キユーピー 62.7 +0.5
44 101 一般企業 tenki.jp 62.2 +6.2
45 80 一般企業 JR東日本 61.8 +3.8
46 45 一般企業 Kao PLAZA 61.5 -0.5
46 56 一般企業 山崎製パン 61.5 +1.1
48 58 一般企業 ANA 61.2 +1.0
48 59 一般企業 日本ハム 61.2 +1.1
50 61 一般企業 日本自動車連盟(ジャフ) 61.0 +1.1
50 24 一般企業 ユニクロオンラインストア 61.0 -6.3
図表2 【一般企業のみ(ネット専業企業除く)】Webブランド指数ランキングトップ10
一般企業内順位 全体順位 サイト名 Webブランド指数スコア(WBI)
2018-秋冬
(今回)
前回とのスコア差
1 5 サントリー 87.5 0.0
2 7 Tサイト 76.7 -2.1
3 8 アサヒビール 74.4 +5.8
4 10 アサヒ飲料 74.0 +13.0
5 11 サッポロビール 73.8 +3.6
6 12 ヤマト運輸 73.1 0.0
7 15 S&B エスビー食品 71.6 +10.5
7 15 キリン 71.6 -2.1
9 18 CLUB Panasonic 70.4 +3.9
10 19 Kao 花王 70.1 +0.4
  • 図表3 「サントリー」のスコアチャート
    図表3●「サントリー」のスコアチャート
  • 図表4 「Tサイト」のスコアチャート
    図表4●「Tサイト」のスコアチャート
図表5 Webブランド指数 スコア上昇ランキングトップ10
上昇順 今回順位 前回順位 サイト名 Webブランド指数スコア(WBI)
2018-秋冬
(今回)
前回とのスコア差
1 10 50 アサヒ飲料 74.0 13.0
2 141 401 企業情報 | ソフトバンクグループ 53.2 10.7
3 15 49 S&B エスビー食品 71.6 10.5
4 160 417 シチズン時計(シチズングループサイト) 52.1 10.3
5 133 361 ユニ・チャーム 53.6 9.7
6 57 180 一休.com 60.5 9.3
7 218 444 タカラトミー 49.6 9.1
8 138 343 iタウンページ 53.4 8.9
9 195 417 ジョンソン・エンド・ジョンソン 50.6 8.8
9 213 433 三井ホーム 49.8 8.8

ランキング表中のサイト名表記は、トップページのタイトルによるサイトの正式名称。

  • 図表6 「アサヒ飲料」のスコアチャート
    図表6●「アサヒ飲料」のスコアチャート
  • 図表7 「企業情報|ソフトバンクグループ」の
    スコアチャート
    図表7●「企業情報|ソフトバンクグループ」のスコアチャート7
■Webブランド調査について(URL:https://consult.nikkeibp.co.jp/branding/solutions/web-brand/
  • 調査目的:

    Webサイトのブランド力を測定し、企業や団体のWebにおけるブランド・コミュニケーション戦略の成果を定点観測する

  • 調査手法:

    インターネット調査

  • 調査対象:

    全国、20歳以上のインターネット・ユーザー(日経BPコンサルティングの提携調査会社の調査モニター)

  • 有効回答数:

    36,372件

  • 調査対象ブランド:

    企業や団体が運営する日本の主要500サイト

  • 調査実施期間:

    2018年10月12日(金)~10月18日(木)※半年ごとに年2回実施(春夏:4月、秋冬:10月)

  • 調査企画・実施:

    日経BPコンサルティング

日経BPコンサルティング:日経BP社全額出資の「調査・コンサルティング」「企画・編集」「制作」など、コンサルティング、コンテンツ関連のマーケティング・ソリューション提供企業。(2002年3月1日設立。資本金9000万円)

このリリースに関するお問い合わせ

株式会社 日経BPコンサルティング ブランドコミュニケーション部
担当:池田 梨子
Tel.03-6811-8310
〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12

お問い合わせ

HOME>最新情報>ニュースリリース>2018>Webサイトのブランド力、総合編は「Yahoo! JAPAN」が4回連続の首位 一般企業編は企業活動の訴求が高評価の「サントリー」がトップを堅持