HOME>最新情報>ニュースリリース>2013>LTE/4Gエリア化率No.1は前回に続きNTTドコモ。全5機種中、データ通信速度(ダウンロード)No.1はドコモ「Xperia A」。アップロードNo.1はKDDI(au)「HTC J One」

ニュースリリース

LTE/4Gエリア化率No.1は前回に続きNTTドコモ。全5機種中、データ通信速度(ダウンロード)No.1はドコモ「Xperia A」。アップロードNo.1はKDDI(au)「HTC J One」
過去最多全国約1800個所大規模「第2回全国LTE/4Gエリア調査」より

2013年07月19日

 日経BPコンサルティング(東京都港区、戸田雅博社長)はこのほど、「第2回全国LTE/4Gエリア調査」を実施し、その結果をまとめた。携帯電話主要3事業者のLTE/4Gのエリア化率、通信速度の実態を調べたもので、本年3月に続く第2回目となる。

 今回は夏の行楽シーズンに向け、前回の調査場所1000個所に「ウォーターパーク・海水浴場」、「道の駅」、展望施設のある「高層ビル・タワー」なども加えて、全体で過去最多となる1793個所に増やし、実際の測定ポイント数も前回の1188から2147と倍近くにした。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3社のLTE/4Gの接続エリア、速度等の実態を調査し明らかにした。

 その結果、全国におけるLTE/4Gでつながるエリア化率のNo.1は、前回に引き続きNTTドコモとなった。LTE設備の増強・拡大が順調に進展している結果と思われる。また、今回測定したドコモ「Xperia A」、KDDI(au)「iPhone5」、「HTC J One」、ソフトバンクモバイル「iPhone5」、「AQUOS PHONE Xx」の5機種の中で、データ通信のダウンロード速度はドコモの「Xperia A」が1位となった。一方、アップロード速度においては、KDDI(au)「HTC J One」が1位となった。また各エリア(地域)、カテゴリー(「ビジネス街」、「イベント・スポーツ会場」、「駅」、「ウォーターパーク・海水浴場」、「高層ビル・タワー・展望施設」等)での分析も前回に引き続き行った。

全国約1800個所におけるLTE/4Gでのエリア化率No.1は前回に続いてNTTドコモ

 前回に引き続き、今回の調査においても日本全国の主要個所でLTE/4Gがつながるのかどうかという点に重点をおき測定した。LTE/4Gのエリア拡大を各通信事業者が強化している中、1793個所で調査した結果、最もLTE/4Gでのエリア化率が高かったのはNTTドコモ(「Xperia A」)の98.6%であった(図1)。前回調査と比較すると、KDDI(au)iPhone5を除いては、LTE/4Gのエリアがいずれも拡大。KDDI(au)Androidも97.8%で、僅差の2位とエリア化が拡大している。エリアに関しては、NTTドコモとKDDI(au)のAndroid端末が強い。

 KDDI(au)については、前回測定個所のiPhone5におけるLTE/4G化率は4.5ポイント拡大しており、LTE/4Gエリア化率の強化が伺える。LTE/4Gエリア化率の拡大率が最も高かったのはソフトバンクモバイルのAndroid端末で、今回は約8割に拡大した。 今回の調査地点においてカテゴリー別に見ると、「ホテル・宿泊施設」、「空港」、「官公庁」、「複合施設」ではNTTドコモのエリア化率が100.0%と他社に比べて高い。一方、KDDI(au)Androidは、「駅」、「大学」におけるエリア化率が高い(表1)。

高い場所、海やプール、そして「富士山」でもLTE/4Gが最も使えるのはNTTドコモ(「Xperia A」)

 東京スカイツリーをはじめとした、各地域の「高層ビル・タワー・展望施設」スポットや夏休みシーズンに訪れたい「ウォーターパーク・海水浴場」で、最もLTE/4Gが利用できるのは、NTTドコモ(「Xperia A」)で、いずれも今回測定した個所で100.0%つながった。これに対して、同じく夏になり利用機会が増える「PA/SA・道の駅」で最もLTE/4Gを利用できるのは、KDDI(au)のAndroid端末だった(表1)。

 世界遺産で話題となっている「富士山」、「三保の松原」での測定も実施した。その結果、LTE/4Gエリアかつ最速のデータ通信速度(アップ/ダウンとも)を出していたのがNTTドコモだった(表2)。

全5機種中、ダウンロード速度No.1はNTTドコモ「Xperia A」、 前回から平均速度が大幅にアップ

 今回測定した5機種の中でデータ通信のダウンロード速度が最も速かったのはNTTドコモの「Xperia A」である(図2)。前回3番目の速度(前回は「Xperia Z」での測定)だったが、LTE/4Gでの平均速度が、前回の16.06Mbpsから今回25.00Mbpsとなり、他機種に比べ大幅に速度がアップした。NTTドコモの112.5Mbpsサービスのエリア拡大が平均速度を押し上げたと見られる。

アップロード速度のNo.1は前回に引き続きKDDI(au)のAndroid端末

 一方、5機種でのアップロード速度が最も速かったのは、KDDI(au)のAndroid端末である「HTC J One」で、LTE/4G平均速度で10.20Mbpsを出した(図3)。前回に引き続きKDDI(au)のAndroid端末は、アップロード速度で10Mbps以上を出してのトップとなっている。今回の調査で、ソフトバンクモバイルのiPhone5とNTTドコモのアップロード速度も、前回より2Mbps以上速くなっていることが確認された。

<参考データ>
表3:「各エリア/カテゴリーにおける平均データ通信速度(ダウンロード)」
表4:「各エリア/カテゴリーにおける平均データ通信速度(アップロード)」
付録:全調査個所測定結果データリスト(今回調査の全2147ポイントの測定データ一覧)

※弊社では、今後も引き続きこのような調査に加え、様々な視点でのエリア調査、モバイルに関するユーザー調査に取り組んでいきます。

■調査概要

2013年6月26日から7月15日にかけて全国47都道府県から1793個所の人の集まる場所を中心にLTE/4G接続によるエリア化率、およびスマートフォンにおけるLTE/4Gのデータ通信速度に関する調査を実施(実調査は1個所で複数ポイントの調査もあり、全体で2147ポイントの調査を実施)。調査対象場所は、公開統計情報等を基に人が多く集まる場所を選定。調査対象端末として、各キャリアから、NTTドコモ「Xperia A」、KDDI(au)「iPhone5」、「HTC J One」、ソフトバンクモバイル「iPhone5」、「AQUOS PHONE Xx」を選び、「RBB TODAY SPEED TEST」アプリにてデータ通信速度を計測。同地点で各3回計測を行い、平均値を記録。またその際の接続通信方式についても記録。計測調査結果は、47都道府県を12エリア(「北海道」、「東北」等)に分割し、エリアごとで集計・分析。また14のカテゴリー(「イベント・スポーツ会場」、「観光地」、「ショッピングモール」、「駅」等)に加え、「ウォーターパーク・海水浴場」、「高層ビル・タワー・展望施設」の2つの別カテゴリー(サブカテゴリー)でも集計・分析

対象場所選定時に参考とした公開情報: 繊研新聞 SC売上高ランキング(2011年)、レジャーランド&レクパーク総覧2011(綜合ユニコム)、日本鉄道広告協会(http://www.j-jafra.jp/)データ、東急AG(http://airport.tokyu-agc.co.jp/airport_1_1.html)、東日本高速道路株式会社(ネクスコ東日本)他各高速道路会社公開情報、各自治体推計人口データ、2012年環境省選定の「快水浴場百選」、じゃらんネット、その他各地wikipediaなどinternet上の情報などを参考に選定

LTE/4Gエリア化率:LTE/4Gでつながった測定ポイントの比率

図1■LTE/4Gエリア化率 <前回第1回調査(2013.3~4)との 比較>
図1■LTE/4Gエリア化率 <前回第1回調査(2013.3~4)との 比較> クリックで拡大
※LTE/4Gエリア化率:LTE/4Gでつながった測定ポイントの比率
<調査対象機種> NTTドコモ「Xperia A」(前回調査:「Xperia Z」)、au Android「HTC J One」(前回調査:「HTC J butterfly」)、ソフトバンクモバイルAndroid「AQUOS PHONE Xx」(前回調査:同機種)
表1■各エリア/カテゴリーにおける全国およびLTE/4Gエリア化率
表1■各エリア/カテゴリーにおける全国およびLTE/4Gエリア化率 クリックで拡大
※LTE/4Gエリア化率:LTE/4Gでつながった測定ポイントの比率
全体エリア化率は、LTE/4Gだけでなく3Gでの接続も含めたつながった測定ポイントの比率
各網掛けのセグメントは5機種の中で1位のセグメント
図2■各LTE/4G平均データ通信速度(ダウンロード) <前回第1回調査との比較>
図2■各LTE/4G平均データ通信速度(ダウンロード) <前回第1回調査との比較> クリックで拡大
調査対象機種
NTTドコモ「Xperia A」(前回調査:「Xperia Z」)、au Android「HTC J One」(前回調査:「HTC J butterfly」)、ソフトバンクモバイルAndroid「AQUOS PHONE Xx」(前回調査:同機種)
図3■各LTE/4G平均データ通信速度(アップロード)<前回第1回調査との比較>
図3■各LTE/4G平均データ通信速度(アップロード)<前回第1回調査との比較> クリックで拡大
調査対象機種
NTTドコモ「Xperia A」(前回調査:「Xperia Z」)、au Android「HTC J One」(前回調査:「HTC J butterfly」)、ソフトバンクモバイルAndroid「AQUOS PHONE Xx」(前回調査:同機種)
表2■富士山・三保の松原での測定結果
表2■富士山・三保の松原での測定結果 クリックで拡大
表3■各エリア/カテゴリーにおける平均データ通信速度(ダウンロード)
表3■各エリア/カテゴリーにおける平均データ通信速度(ダウンロード) クリックで拡大
※「全体」は、LTE/ 4G、3Gを合わせた平均
各網掛けのセグメントは5機種の中で1位のセグメント
表4■各エリア/カテゴリーにおける平均データ通信速度(アップロード)
表4■各エリア/カテゴリーにおける平均データ通信速度(アップロード) クリックで拡大
※「全体」は、LTE/ 4G、3Gを合わせた平均
各網掛けのセグメントは5機種の中で1位のセグメント
参考■<本調査測定ルール>
参考■<本調査測定ルール> クリックで拡大
参考■<本調査測定区分>
参考■<本調査測定区分> クリックで拡大

携帯/スマートフォン関連報告書

このリリースに関するお問い合わせ

株式会社 日経BPコンサルティング テクノロジーインダストリー部

藤澤 一郎

E-mail:consult@nikkeibp.co.jp (Tel.03-6811-8304 Fax.03-5421-9180)

〒108-8646 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー

お問い合わせ

HOME>最新情報>ニュースリリース>2013>LTE/4Gエリア化率No.1は前回に続きNTTドコモ。全5機種中、データ通信速度(ダウンロード)No.1はドコモ「Xperia A」。アップロードNo.1はKDDI(au)「HTC J One」

PAGETOP