いい家に抱かれなさい

なりたい自分になれる空間づくり

いい家に抱かれなさい なりたい自分になれる空間づくり
戸倉容子 著

内容紹介

 30代で活躍する女性にとって、仕事と個人の生活を充実させるにはどんな居住空間や過ごし方が大切だろうか。女性建築デザイナーの著者はナイチンゲールとイタリアから学んだデザインや生き方をベースに、「タフで艶やかな女性になる」ための空間づくりを提案する。
 市場では、ファミリーマンションが売れず、売れているのは独身女性をターゲットにしたマンションと言われている。しかしながら、キャリアを磨く女性たちにふさわしい居住空間が意外と少ないのが実情。仕事にギスギスした毎日でなく、心にゆとりのある空間が必要だが、そのためには自分を高めてくれるいい環境を自分なりに工夫して整えていくことが大切である。
 第1章では、日常を過ごす家は自分にとって快適な条件になっているかどうかと問いかけ、続く第2章から外観やエントランス、窓、水まわりなどいい家選びのポイント、1週間に家のなかで新しい自分を創っていく過ごし方、快適なインテリアのあり方、空間・環境の作り方などを指南している。本書の締めくくりとして、読者の方々の好みを紙上で診断し、自分のスタイルや自分にふさわしいインテリアを知るための「8星人・スタイルアップシステム」を初めて披露する。
本書は、人生の舞台となるべき自分の空間づくりに触れながら、もっと輝いた自分になるための過ごし方を説き起こす。著者の個性があふれたユニークな一冊である。

ジャンル

ライフスタイル 不動産/不動産投資

目的

ブランディング

まずはご相談ください

日経BPグループの知見を備えたスペシャリストが
企業広報とマーケティングの課題を解決します。

お問い合わせはこちら