創発するマーケティング

創発するマーケティング
DNP創発マーケティング 研究会 編著

内容紹介

情報技術のデジタル化とネットワークの急速な進展によって、新たな文明開化ともいえる変化が起こりつつある。大日本印刷(DNP)と気鋭の研究者らは「DNP創発マーケティング研究会」を組織し、こうした大きな変化から生まれる「自立性と多様性をもった個と個の相互作用のなかから、予期せぬ現象が生み出され、その結果がまた個に影響を与える」状態を「創発」と呼び、この創発によってマーケティングが変わりつつあることを研究してきた。本書はその成果をまとめたものである。
これまで生産者である企業と、消費者である生活者という文脈でとらえられがちであったマーケティングコミュニケーションで、企業と生活者、生活者と生活者、企業と企業の間に創発が起こり、これまでとは異なるマーケティングの文脈とそのとらえ方が現れつつある。本書では「創発社会の到来によるビジネスパラダイムの変化」「創発的消費」「消費者の市場参加」「企業事例と創発マーケティングの実践論理」に焦点をあて、マーケティング機能の次の局面を考察している。
第1章では、創発社会の到来とビジネスの未来について、近代から創発社会に至る文明の変化、新しい価値の創造過程とマーケティングの機能を提言。第2章では、創発的消費をめぐる市場と消費者の実際、その意味と意義に言及。第3章では消費者が市場に参加し企業とともに価値を創り出すマーケティングの構図を明らかにする。第4章では、NPO法人バリアフリー協会、ヤマハ、ハーレーダビットソン ジャパンの3つの創発マーケティング事例を取り上げ分析している。第5章では、創発をビジネスに取り込む、創発マーケティングの実践論理をまとめている。

ジャンル

マーケティング/広告

目的

マーケティング

まずはご相談ください

日経BPグループの知見を備えたスペシャリストが
企業広報とマーケティングの課題を解決します。

お問い合わせはこちら