HOME>リサーチ>調査報告書&データ>ソーシャルメディアセキュリティ状況調査2014

ソーシャルメディアセキュリティ状況調査2014

「ソーシャルメディアセキュリティ状況調査2014」とは

もはや他人事ではない。ソーシャルメディアのリスクが360度の全視点から分かる。
日経BPコンサルティングでは、自主企画として「ソーシャルメディアセキュリティ状況調査2014」を実施し、分析結果を公表する運びとなりました。それに伴い、その調査結果のレポートを発行しました。
本調査ではソーシャルメディア利用の社内ガイドライン運営者向けにガイドラインの制定・運用・リスク評価状況等を調査すると共に、ガイドラインの適用を受ける従業員からはその定着、研修の効果の認識、仕事の内容に関する投稿などの状況を把握し、ソーシャルメディアのリスクマネジメントに関する360度の情報を提供いたします。また、クロス集計表では、回答企業の業種、従業員規模、など属性ごとのクロス集計が可能です。

調査概要

調査概要(ガイドライン運営者向け)
調査対象 日本国在住で働いており、人事・経営系・情シス等でソーシャルメディアの利用ガイドラインの制定や運用に関与している者など
有効回答数 1,000件
調査期間 2014年2月~3月
調査方法 インターネット調査
調査概要(ガイドライン被適用者向け)
調査対象 日本国在住で働いている20歳以上の男女(正規・非正規雇用は問わない)
有効回答数 800件
調査期間 2014年2月~3月
調査方法 インターネット調査
発行日 2014年3月28日

調査項目

ガイドライン運営者向け
  • Q1 回答者の勤務先の業種
  • Q2 回答者の勤務先の従業員規模
  • Q3 回答者の立場・所属部門
  • Q4 回答者の勤務先におけるパートタイム従業員比率
  • Q5 ソーシャルメディアガイドラインの制定状況
  • Q6 回答者の社内ソーシャルメディアガイドラインに対する関与状況
  • Q7 ソーシャルメディアガイドラインの適用対象
  • Q8 ソーシャルメディア利用に関する教育実施状況
  • Q9 ソーシャルメディア研修対象者状況
  • Q10 研修の効果評価
  • Q11 ソーシャルメディアに関するガイドライン制定等の担当部署
  • Q12 ソーシャルメディアガイドラインの内容
  • Q13 ガイドラインの順守レベルの認識
  • Q14 ソーシャルメディアガイドラインの見直し状況
  • Q15 コンテンツブロックなどシステム上の状況
  • Q16 人的問題の認識と評価
  • Q17 現状全般に対する自由回答
  • Q18 トラブルが起きた場合の被害の想定
  • Q19 トラブルが起きた場合の被害の想定に関する経営層のコンセンサス
  • Q20 インシデント/トラブルの発生状況
  • Q21 インシデント/トラブルの被害状況
  • Q22 インシデント/トラブルの影響(会社)
  • Q23 トラブル対策マニュアルの有無
  • Q24 トラブル対策マニュアルの効果
  • Q25 制度/ 運用の評価
  • Q26 自社のソーシャルメディアアカウントの有無と更新頻度
  • Q27 ソーシャルメディアを通じた情報発信についてのガイドライン/スキームの有無
  • Q28 自社ソーシャルメディアアカウント上での事故発生状況
  • Q29 ソーシャルメディアの利用/ オウンドメディアに対する自由回答
ガイドライン被適用者向け
  • Q1 回答者の勤務状況
  • Q2 ソーシャルメディアガイドラインの制定状況
  • Q3 回答者の性別
  • Q4 回答者の年齢
  • Q5 回答者の勤務先の業種
  • Q6 回答者の勤務先の従業員規模
  • Q7 回答者の就業形態
  • Q8a 回答者の立場・所属部門
  • Q8b 回答者の業務内容(パート・アルバイト)
  • Q9 ソーシャルメディア利用に関する教育実施状況
  • Q10 研修の理解レベル
  • Q11 研修の効果評価
  • Q12 ソーシャルメディアガイドラインの内容
  • Q13 ガイドラインの内容に対する評価/ 内容
  • Q14 ガイドラインの内容に対する評価/ 説得力
  • Q15 人的問題の認識と評価
  • Q16 現状全般に対する自由回答
  • Q17 利用しているソーシャルメディア(勤務時間外)
  • Q18 利用しているソーシャルメディア(勤務中)
  • Q19 利用ソーシャルメディアのセキュリティ設定
  • Q20 回答者のガイドライン順守状況
  • Q21 回答者の周囲におけるガイドライン順守状況
  • Q22 ソーシャルメディアの利用に当たって意識していること
  • Q23 仕事関連の内容を投稿した経験/ 業務時間中の利用
  • Q24 インシデント/トラブルの発生状況
  • Q25 インシデント/トラブルの影響(個人)
  • Q26 インシデント/トラブルの影響(会社)
  • Q27 トラブル対策マニュアルの有無
  • Q28 トラブル対策マニュアルの効果
  • Q29 制度/ 運用の評価
  • Q30 一般企業のソーシャルメディアアカウントへの接触状況
  • Q31 自社ソーシャルメディアアカウント上での事故発生状況
  • Q32 ソーシャルメディアの利用/ オウンドメディアに対する自由回答
  • Q33 回答者の心理的特性(これらの内容は作成時点のものであり、変更する可能性があります)
クロス集計
  • ●業種別
  • ●従業員規模別
  • ●ガイドライン運用状況別 等
  • ※10~15 軸、合計100カテゴリー程度
  • ※ご希望のクロス集計などがございましたらご相談ください。御見積いたします。

提供内容と価格

■フルセット:700,000 円(税別)
  • 100 ページ程度の分析報告書

  • クロス集計表

  • ローデータの3点セット

一部の回答項目は、ローデータを提供しない場合があります。

■基本セット:300,000 円(税別)
  • 100 ページ程度の分析報告書

  • クロス集計表の2点セット

■シンプル版:100,000 円(税別)
  • 100 ページ程度の分析報告書のみ

■従業員の理解状況・潜在的危険性についての「通信簿」

レポートあり:1,000,000 円(税別)

クロス集計表のみ:500,000 円(税別)

比較スコア算出のため、フルセット/ 基本セット/ シンプル版いずれかのご購入が必要です。

いずれもN=1,000 まで。それ以上の場合はご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

当社の法人向け商品・サービス、ソリューションに関するご相談は、こちらのWebフォームからご連絡ください。
お急ぎの場合はお電話 03-6811-8715(平日9:30 〜 17:30)でも承ります。

お問い合わせフォーム

関連レポートのご案内

Webブランド調査

企業が運営する日本の主要サイトに対して、インターネット・ユーザー約35,000人の評価をブランドの視点、サイト上での行動から定期的に調べる日本最大規模のWeb総合評価調査です。
半年ごとに企業サイトのブランドカを測定することで、自社サイトのユーザー愛着度や競合サイトとの比較など、定期的・定量的にWebサイトの総合力を指標化することができます。自社サイトや競合サイトの“強み”や“弱み”を的確に把握し、貴社のブランド力を高めるWebサイトの戦略立案の基礎データとして、Webブランド調査をぜひご活用ください。

HOME>リサーチ>調査報告書&データ>ソーシャルメディアセキュリティ状況調査2014