HOME>日経BP総研>研究員ブログ>コンテンツ2次利用で質の高い記事をユーザーに提供

研究員ブログ

コンテンツ2次利用で質の高い記事をユーザーに提供

コンテンツ2次利用で質の高い記事をユーザーに提供

日経BP総研 コミュニケーションラボ 徳野 健一

2018/07/20

 「この間、日経トレンディで面白い記事を見たんだ。自社商品が載っていたし、販促に役立つんじゃないかなあ」--。
こんな思いにお応えできるのが日経BPコンテンツ2次利用サービスです。ビジネスや生活情報誌から様々な分野の専門誌まで日経BP社の40以上の定期誌、20以上のWebサイトのコンテンツを2次利用していただけます。これまでに製作した実例をいくつかご紹介します。

「美術展特集特装版」を新聞社の読者向けに

 日経おとなのOFFは2016年12月6日発行の2017年1月号で「2017年絶対に見逃せない美術展」という特集記事を掲載。全国94展の情報を掲載した冊子「美術展ハンドブック」を付録にしました。日本経済新聞社の宅配+電子版の読者向けサービス「日経W倶楽部」の現会員や新規会員獲得のためのツールとして、本誌特集と付録の主要部を抽出した60ページの冊子「日経おとなのOFF特装版」を製作しました。新聞読者からの反応が良く、非常にご好評をいただきました。2017年7月6日発売の日経おとなのOFF2017年8月号の美術展特集でも、同様に記事を再構成した、60ページの冊子「日経おとなのOFF特装版」を製作しています(写真1)。

写真1 美術展ハンドブックを付録同梱した『日経おとなのOFF』の2017年1月号(左)と2017年8月号(右)
写真1 美術展ハンドブックを付録同梱した『日経おとなのOFF』の2017年1月号特装版(左)と2017年8月号特装版(右)

「老後安心準備BOOK」を冠婚葬祭業者組織の会員向けに

 日経おとなのOFFの過去3冊の通常号やムックから、遺産相続や贈与、健康に過ごすポイント、かたづけ術、葬儀やお墓などの記事を抜き出して68ページの冊子にまとめました。発注元は全国の冠婚葬祭業者が組織する一般財団法人。互助会の現会員や新規会員向けツールとして使用されています(写真2)。

写真2 一般財団法人の互助会の現会員や新規会員向けに編集された「老後安心準備BOOK」
写真2 一般財団法人の互助会の現会員や新規会員向けに編集された「老後安心準備BOOK」

オウンドメディアの制作には手間とコストがかかる

 企業が自社でオリジナルの印刷物や電子メディアなどをつくるオウンドメディアが注目されています。しかし、ゼロから記事をつくるのは、手間と費用の面で大変です。しかし、すでに出版・掲出されている記事を利用する2次利用サービスなら、比較的簡単に手ごろな費用で、日経BP社の優良なコンテンツが活用できます。

 これを機会に、ぜひ日経BP社の雑誌・コンテンツを貴社の営業・販促に役立ててみてはいかがでしょうか。お問い合わせいただいた方には過去のサンプル冊子などを差し上げます。

お問い合わせはこちらから

日経BP総研のソリューション、プログラムに関するご相談は、こちらのWebフォームからご連絡ください。
お急ぎの場合はお電話 03-6811-8715(平日9:30 〜 17:30)でも承ります。

お問い合わせフォーム

HOME>日経BP総研>研究員ブログ>コンテンツ2次利用で質の高い記事をユーザーに提供

PAGETOP