大学ブランド力とは brand「大学ブランド力」を「見える化」する

2018年問題による受験者人口のさらなる減少や、イメージ訴求の困難さなどに対する解決策として、「ブランド」にたどりついた大学は少なくないでしょう。
「ブランド」は目に見えない概念に近いものです。学内で議題にあがっても「目に見えない事をどのようにすればよいのか」迷われてしまうことでしょう。日経BPコンサルティングでは、「ブランド」を「見える化」するための調査を行っています。

1.ステークホルダーのブランドを"見える化"する「大学ブランド・イメージ調査」

目に見えないブランドを客観的な数値情報として「見える化」し、体系的な現状把握を行った調査が「大学ブランド・イメージ調査」です。この調査は、2017年に11回目を迎える自主調査で、その地域にお住いのビジネスパーソンや学生の父母、教育関連従事者ら毎年4万人以上がイメージする各大学の「ブランド力」を調査しています。
この調査は、2001年から続く企業ブランドおよび製品/サービスブランド調査「ブランド・ジャパン」のノウハウをもとに、専門家監修によるブランド体系に則ってブランド力を測定したものとなります。
「『ブランド』を強くしなければいけない」、このような議論になった際、「ことはじめ」として第三者機関の数値データを活用すると、学内議論がスタートしやすくなります。

あわせて読みたい ー大学関連の記事はこちらー

2.Webサイトを"見える化"する「全国大学サイト・ユーザビリティ調査」

「すごくカッコイイWebサイトを作ったのに、あまり訪問されていない気がする」、これらの疑問を解決するのが、「全国大学サイト・ユーザビリティ調査」です。Webサイトの「見やすさ」「情報の検索のしやすさ」「操作性」など、情報がきちんと伝わるWebサイトになっているかを測定しています。「なぜ見にくいのか」「なぜ情報が探しにくいのか」「なぜ使いづらいのか」の課題も見えるため、Webサイトによる情報発信を見直すきっかけにもお使いいただけます。

あわせて読みたい ー大学関連の記事はこちらー

3.貴校の課題に合わせて今のブランド力を"見える化"する「大学ブランド力測定調査」

自校が保有するブランド力を、貴校に合わせてカスタマイズし測定します。
各大学ごとに、ターゲットにしたいステークホルダーや課題に感じることは異なります。この調査は、各大学のご要望に合わせた対象者、内容で行います。学外の方々だけでなく、教員・職員など学内の方を対象にした実施も可能です。
また、調査結果の分析から成長につながるブランドづくりのポイントを明らかにし、広報活動やWebサイトなど次の一手となるブランドづくりのお手伝いもいたします。

戦略のある大学広報とは

大学広報に関するお問い合わせ先
お問い合わせやご相談はこちらのWebフォームまたは
電話03-6811-8715(平日9:30~17:30)で承ります。
お客様の課題をヒアリングさせていただき、最適な解決策をご提案いたします。
お問い合わせ