記事本文へスキップ

調査報告書

大学ブランド・イメージ調査2014-2015

  • 「大学ブランド・イメージ調査2014-2015」とは
  • 調査概要および詳細
  • 価格とご提供内容

「大学ブランド・イメージ調査2014-2015」とは

「大学ブランド・イメージ調査2014-2015」の特徴

大学の評価指標として、近年注目されているのが、大学の「ブランド力」です。受験を控えた高校生やその家族へ自校の「らしさ」をアピールし(とがる)、大学のブランド価値を周囲の関係者に浸透させポジティブなイメージを植えつけ(ひろげる)、大学の評判やロイヤルティを高めプレゼンスを上げる(よろこばす) ――。このような活動はブランド力向上のために必要不可欠です。

ブランド評価の研究機関でもある日経BPコンサルティングは、今年も国内9地域で「大学ブランド・イメージ調査」を実施しました。今年で8回目を迎える本調査では、各地域のお仕事をお持ちの方(有職者)、中学生以上の子を持つ父母、教育・研究関連従事者から回答を収集。自校が周辺地域のステークホルダーにどのような姿としてうつっているのかを、数値化してお届けします。

調査結果からは、自校の強み/弱みやライバル大学との差異など、大学のイメージに関する広範な情報を簡単に得ることができます。これまでの広報活動の効果測定として、また次年度の予算分配時の参考資料としてもお使いいただけます。ぜひ貴校のブランドづくりにご活用ください。

本商品のお申込みは日経メディアマーケティング(電話:03-5295-6355)にて承ります。

調査概要および詳細

調査概要

■調査時期: 2014年8月6日~8月31日
■調査方法: インターネット調査。日経BP コンサルティング社が保有するインターネット調査システム「AIDA」を使用
■調査対象大学数: 全国の国立大学、公立大学、私立大学のべ457校。ノミネートは大学規模や地域性などを総合的に勘案し、調査機関が選定
※北関東は10、甲信越/近畿/九州・沖縄・山口は11、首都圏/中国・四国は12、北陸・東海/北海道・東北は13の大学を1調査票に提示
■調査回答者: 対象A.各地域に在住(首都圏編であれば首都圏在住者)の①有職者(ビジネスパーソン)②中学生以上の子を持つ父母
対象B.大学、また学生に対するイメージ、自由コメント(大学の特長と改善点)、入学推薦率については、各地域に在住の③教育・研究機関従事者も対象としている
対象C.大学の認知率については④首都圏・近畿在住者も対象としている
■有効回答者数: 約48,000人
■告知方法: 日経BPコンサルティング社の調査モニターなどに対し、電子メールにて告知
■調査機関: 日経BPコンサルティング

調査項目

大学ブランド力を測る49の項目

大学ごとに「一般的なイメージ」「大学組織に対するイメージ」「学生へのイメージ」について様々な印象を回答者に尋ねました。各項目の得票率(%)から3つのグループのイメージスコア、さらに総合評価となる「大学ブランド力」を偏差値として算出します。イメージ量を数値化することにより、ブランドの強みと弱み、競合校と比較してのポジショニングを確認でき、また今後の成長の可能性についても予測することが可能です。


クリックで拡大します

個別分析シートで明らかになる貴校の客観的評価

納品物の一つが下記に示す個別分析シート。調査結果を一覧できる、いわば「ブランド通信簿」です。プルダウンメニューから、結果をご覧になりたい大学を選択すると、「ブランド総合力」を始め、「大学認知率」「ブランド・イメージ49項目の得票率」「入学推薦率」「採用意向率」「認知経路項目の得票率」「大学認知率×ブランド総合力における分布図での布置」などが表やグラフで表示されます。


クリックで拡大します

対象地域

調査対象地域区分とノミネート大学数

国内を9地域に分け、のべ457校をノミネート。全国の主要な大学を網羅しています。それぞれの地域の在住者を回答者とすることで、より実態に近い評価を確認することができます。調査対象外の大学については、本調査と同じフレームで別途調査も承ります。


クリックで拡大します

詳細資料

本商品のお申込みは日経メディアマーケティング(電話:03-5295-6355)にて承ります。

価格とご提供内容

価格


クリックで拡大します

ご提供内容


クリックで拡大します

関連レポートのご案内

「全国大学サイト・ユーザビリティ調査2014-2015」は大学サイトの“伝える力”を診断します。「利用者に届くサイト」を目指す大学は必見です。

“伝える力”の基本は、情報に楽々とたどり着けるユーザビリティの良さです。「スマホ対応」「サイト内検索」など時代に合った評価軸を取り入れ診断します。どう作ればよいのか? ユーザビリティの勘所についても解説します。

本商品のお申込みは日経メディアマーケティング(電話:03-5295-6355)にて承ります。

  • お問い合わせ
  • パンフレット