企業の広報、人事、ブランディングのご担当者様へ

あなたの会社
ブランド力見える化

「ブランド・ジャパン」は、貴社の「ありたい姿」とユーザーから「どう見られているのか」のギャップを可視化するツールです。

ノミネートブランドはこちらでご確認ください。

「ブランド」を「見える化」するブランド・ジャパンとは?

ブランド戦略立案の強い味方、
頭の中にある“ブランドというイメージ”を見える化するツールです。

ブランド・ジャパンは、Webサービス
「ブランド・ジャパン ダッシュボード」でデータをご提供します。

よくあるお悩み

ブランド評価についてのお悩みは「ブランド・ジャパン」解決します!

自社ブランドの
現状把握をしたい

  • 思い描いているブランドがターゲットに届いているか知りたい
  • 自社製品、サービスが競合他社と差別化できているか調べたい
  • 自社ブランドの評価を知りたいが予算が少ない

解決ポイント

  • どう見られているかを振り返り、計画立案に役立つ
  • 国内のブランド力の縮図がわかるから、自社のポジションを知ることができる
  • カスタム調査に比べて導入コストが安い(50万円からプランをご用意)※ノミネートに無いブランドでも55万円から調査実施可能
追加調査パッケージについて

報告書をパッと
作成したい

  • 上長から自社のブランド評価がどうなっているか報告を求められた
  • 報告書の作成にかかる時間を短縮したい

解決ポイント

  • 国内のブランド力の縮図がわかるから、自社のポジションを知ることができる
  • サマリーレポートがあるから、すぐに上長に報告ができる
  • 個別分析レポートが10秒で、競合分析レポートが30秒で作成できる
  • 分析レポートのフォーマットが毎年変わらないから経年比較が容易。予算化もしやすい!

何から手を付けて
良いかわからない

  • 新しくブランディングに関わる部署に配属されたが、何をブランド評価 や施策の指標にして良いかわからない
  • 様々な部署の各担当者間で共通の指標がないから、他部署とコミュニケーションが取りづらい

解決ポイント

  • どう見られているかを振り返り、計画立案に役立つ
  • 国内のブランド力の縮図がわかるから、自社のポジションを知ることができる
  • 企業内で協議するための共通言語になる
  • 高い客観性と、変わらない指標だから予算化もしやすい

自社や競合のブランド評価の一部が見られる

お試しページ無料IDお申込みはこちらから

実績・事例

  • 継続利用率

    7以上

  • 定点観測

    22変わらない評価指標

  • 導入実績

    述べ1500以上

  • 53業種企業、商品・サービス
    ブランドを網羅

お客様の声

スワイプで左右に移動できます

  • 自社の存在意義を問い直しリブランディングを図る

    電機メーカー

  • データドリブンの議論にブランド・ジャパンの調査は必須

    ネット通販

  • 客観的なブランド価値を測る指標がほしかった

    ポイントアライアンス事業会社

  • コーポレート・ブランディングの本格的な開始を機にブランド・ジャパンを活用し始める

    食品メーカー

  • ブランド力の可視化に役立つ調査「3年で総合力100位以内目指す」

    電機メーカー

  • ブランド・ジャパンは世間一般のブランド評価なので、自社として考えているブランド評価との差分を確認して、施策に反映しています。

まずは自社や競合のブランド評価を無料で知りたいという企業様

ブランド・ジャパン
お試しページ
無料ID発行キャンペーン

「ブランド・ジャパン」をご理解いただくために、評価の一部をご覧いただく
「ブランド・ジャパン ダッシュボード お試しページ無料ID発行キャンペーン」を実施中です。

無 料

昨年のデータ(ブランド・ジャパン2021)を基に、一般生活者編、ビジネス・パーソン編
各5ブランドまでの総合力スコア、総合力順位、ブランドレーダーチャートをご覧いただけます。
※ブランド・ジャパン2021のノミネートリストをご確認ください。

ブランド・ジャパンお試しページ
無料IDお申込み方法

・お試しページでご覧いただける内容

「ブランド・ジャパン2021」の一般生活者編、ビジネス・パーソン編各5ブランドの評価(総合スコア、総合順位、ブランドの形を示すレーダーチャート、該当ブランドが属するブランド型名、ブランド型名の説明、同じ型の他のブランドの抜粋 など)

・お試しページ閲覧可能のご案内時期

ご応募状況により、ご案内時期は異なります。ご応募後に、弊社担当者よりご案内申し上げます。

ご利⽤いただくまでの⼿順

「ブランド・ジャパン ダッシュボード」はGoogle社が提供するBIツール「Googleデータポータル」上でご覧いただけます。
そのため、ご利⽤にはGoogleアカウントが必要になります。

STEP.1

・Googleアカウントの取得

Googleアカウント(GmailアドレスまたはGoogleアカウントとして登録済のメールアドレス)をお持ちでない場合、または今回の「ブランド・ジャパン
ダッシュボード」お試しページ利⽤のために新たにGoogleアカウントを取得してください。

※すでにGoogleアカウントをお持ちの場合は取得の必要はありません。

新たにGoogleアカウントを取得する

ページの一番下に表示される「アカウントを作成する」の文字リンクをクリックします。ここで、新しくGmailアドレスを作成するか、「代わりに現在のメールアドレスを使用」から、今お使いのGmailアドレス以外のメールアドレスを、Googleアカウントとして設定ください。

STEP.2

弊社フォームから、必要事項を登録してください。

  • (1)「STEP.1」のGoogleアカウント
  • (2)閲覧を希望するブランド名(一般生活者編、ビジネス・パーソン編各5ブランドまで)
  • (3)閲覧を希望する業種平均の業種名(一般生活者編、ビジネス・パーソン編共通)
  • (4)その他の必要事項

閲覧を希望するブランドはノミネート・ブランドリスト2021(339KB)よりお選びください。

  • ※ブラウザ上の検索機能からブランドをお調べいただけます。
  • ※平均の「業種」は、pdfファイル1枚⽬の「■番号と業種の対応表(業種番号)」からお選びください。
  • ※ファイル内では、便宜的に「業種」でブランドを区分しています。複数にまたがるブランドもありますが、同じデータです。

ノミネートされていないブランドの企業の方も、お申し込みは可能ですが、閲覧できるデータは、ノミネート・ブランドリスト2021に記載されているブランドのデータのみとなります。
ノミネートされていないブランドの評価をお知りになりたい場合は、追加調査パッケージをご検討ください。

以上でご登録は終了となります。
ご希望に沿ってお試しページを作成し、こちらからあらためてご連絡させていただきます。

」の検索結果

ブランド・ジャパン2022へのノミネートについて

日経BPコンサルティングがご提供する「ブランド・ジャパン」は、毎年、のべ1500ブランドのブランド価値を、5万人以上の生活者、ビジネス・パーソンで評価する国内最大規模の調査です。経年分析や競合ブランドとの比較をすることができます。競合他社が含まれていない場合でも、オプションで追加調査をすることが可能です。

調査内容の詳細や分析ツールのデモなどを担当者がお伺いしてご説明します。ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

今年の調査ではノミネートされておりませんでしたが、
追加調査のご相談を承ります。

残念ながら、入力したブランドについては、ノミネートされておりませんでした。

個別の調査をご希望の場合は、追加調査オプションでお調べすることができます。

お申し込み締切りは5月末まで。お早めにご相談ください。

追加調査のご案内

2021年度の結果について

一般生活者編にノミネートしています。

このプロット図は、2021年度ブランド・ジャパンの一般生活者編にノミネートされた全1000ブランドの認知率とブランド総合力との関係を表すものです。注意したいのは、単に認知率が高いだけでは、魅力あるブランドであるとは言えないことです。
貴ブランドが、どのあたりに位置付けられているかをご確認ください。
認知率を高める施策をとるべきか、ブランドの魅力度向上に力を入れるべきかがわかります。

この結果は、あくまで「ブランド・ジャパン」の評価項目の一部に過ぎません。

より一層「ブランド・ジャパン」をご理解いただくために、評価の一部をご覧いただく「ブランド・ジャパンダッシュボードお試しページ無料ID発行キャンペーン」を実施中です。
昨年のデータ(ブランド・ジャパン2021)を基に、一般生活者編、ビジネス・パーソン編各5ブランドまでの総合力スコア、総合力順位、ブランドレーダーチャートをご覧いただけます。

お試しページのイメージ

お試しページのイメージ

無料IDのお申し込みはこちら

ビジネス・パーソン編にノミネートしています。

このプロット図は、2021年度ブランド・ジャパンのビジネス・パーソン編にノミネートされた全500ブランドの認知率とブランド総合力との関係を表すものです。注意したいのは、単に認知率が高いだけでは、魅力あるブランドであるとは言えないことです。
貴ブランドが、どのあたりに位置付けられているかをご確認ください。
認知率を高める施策をとるべきか、ブランドの魅力度向上に力を入れるべきかがわかります。

この結果は、あくまで「ブランド・ジャパン」の評価項目の一部に過ぎません。

より一層「ブランド・ジャパン」をご理解いただくために、評価の一部をご覧いただく「ブランド・ジャパンダッシュボードお試しページ無料ID発行キャンペーン」を実施中です。
昨年のデータ(ブランド・ジャパン2021)を基に、一般生活者編、ビジネス・パーソン編各5ブランドまでの総合力スコア、総合力順位、ブランドレーダーチャートをご覧いただけます。

お試しページのイメージ

お試しページのイメージ

無料IDのお申し込みはこちら

2021年度にはノミネートされておりませんでした。

競合ブランドがノミネートされているか、調べてみましょう。

また、2022年度版では競合のブランドとの個別調査などができます。追加調査オプションをご検討ください。

お申し込み締切りは5月末まで。お早めにご相談ください。

追加調査のご案内

入力したブランドはノミネートされておりませんでした

残念ながら、入力したブランドについては見つかりませんでした。

入力途中で推測候補にお探しのブランド名が現れる場合は、その候補を選択してください。

お探しのブランドがない場合でも
追加調査もしくはカスタム調査を承ります

お調べになりたいブランドについて、ブランド・ジャパンの追加調査、もしくはそのブランドのためだけのカスタム調査を行うことができます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

追加調査のご案内

よくあるご質問

ノミネートされていない
ブランドは導入できないか?

追加調査パッケージをご購入頂くと、ノミネートされていないブランドを、ブランド・ジャパンと同じ調査設計にて調査することが可能です。 ※ブランド・ジャパン2022のLight版も含まれているので、ベンチマークとして比較も可能です。

ブランド・ジャパンの活用方法を知りたい。

ブランド・ジャパンを活用し、理想的なブランド構築のために必要な考え方とやるべきことを「5つ」のステップで解説している「ブランド戦略ガイドブック」をご用意いたしました。

ブランド戦略ガイドブック powered by ブランド・ジャパン

ブランド戦略ガイドブック powered by ブランド・ジャパン

理想的なブランド構築のために必要な考え⽅と、やるべきことを「5つ」のステップで解説しているガイドブックです。

ブランド・ジャパンの導入事例が知りたい。

ブランド・ジャパン導入の背景や、選定のポイント、導入後にどのような効果を感じているのか、導入企業様の生の声をまとめた事例集をご用意いたしました。

ブランド・ジャパン 活⽤事例

ブランド・ジャパン 活⽤事例

ブランド・ジャパン導⼊の背景や、選定のポイント、導⼊後にどのような効果を感じているのか、導⼊企業様の⽣の声をまとめた事例集です。

ノミネートに無いが自社のブランド評価を知りたい

貴社のブランドがノミネートされているか、まずはノミネートリストをご確認ください。

施策の起点となる
自社のブランドの評価が分かる!

1,500ブランドの評価も
合わせて55万円で手に入る!

自社ブランドのポジション、
強み、弱みが把握できる!

2022年:追加調査概要

第1回 第2回 第3回
募集締切 第1回:募集を締め切りました 第2回:6月30日 第3回:8月31日
調査時期 第1回:5月 第2回:7月 第3回:9月
調査方法 インターネット調査
※一般生活者編では800 サンプル、ビジネス・パーソン編では400 サンプルを回収目標とします
納品物 【ブランド・ジャパン2022 Light バージョン】
1,500ブランドの評価をExcelファイルとWebサービス「ブランド・ジャパン ダッシュボード」でご提供
【追加調査結果(1 ブランド分:一般生活者編、ビジネス・パーソン編いずれかの調査を選択)】
データ納品(■ 個別分析シート2枚 / ■ 自由意見集)
納品日 第1回:5月末 第2回:7月末 第3回:9月末

調査対象ブランド募集要項

一般生活者編 一般生活者によるブランド評価調査
対象:企業、サービス、商品ブランド
ビジネス・
パーソン編
ビジネス・パーソンによるブランド評価調査
対象:企業ブランドのみ

のいずれかひとつの調査を
お選びください。

※一般生活者編、ビジネス・パーソン編、両方の結果をお求めの場合は追加費用として15 万円(税別)が必要となります。